Lightroom CCモバイル版で、特定のカラーを対象にして色相、彩度、輝度を補正し、印象的な写真を作成します。
ザイオン国立公園の「司教の宮殿」

学習内容

写真を撮影した後、そのカラーが肉眼で見たときよりも鮮明さに欠けることがあります。

このチュートリアルでは、Lightroom CCモバイル版のカラー補正ツールターゲット補正ツールを使用して特定のカラーの色相、彩度、輝度を補正し、この補正前後の例のように美しい画像に仕上げる方法について学習します。

カラーの補正前と補正後

モバイルデバイス上のLightroom CCで写真を開く

モバイルデバイスでLightroom CCを起動します。

写真を追加アイコンをタップしてカメラロールから写真を追加するか、Lightroomアルバムから写真を選びます。

Lightroom CCモバイル版

カラー補正ツールを選択する

「すべての写真」またはアルバムでサムネールが表示されている場合は、写真をタップすれば編集できます。

  1. カラー」をタップしてカラー補正ツールを開きます。
  2. 混合」をタップすると、色相彩度輝度のスライダーが表示されます。

注意:調整ツールが表示されない場合は、左上のメニューが「編集」になっていることを確認します。

Lightroom CCモバイル版のカラー補正ツール

カラー混合スライダーを調整する

カラー混合スライダーを使うと、特定のカラーの色相、彩度、輝度を調整できます。

調整したいカラーのカラードットをタップして選択すると、そのカラーに対して3つのスライダーを使用できます。「色相」では、カラーの特質である「色合い」を変更します。「彩度」ではカラーの鮮やかさを上げ下げし、「輝度」ではカラーの明るさを調整できます。

例えば、空の青色の明るさを下げるには、青色の円をタップし、輝度スライダーを左に動かすと、青い空が暗めになって白い雲との対比が生まれます。青色の輝度スライダーを右に動かすと、写真の青色の明るさが上がり、空と白い雲が溶けあうようになります。

注意:下の設定値を記載した花、青いドア、緑のベスパの例では、色相、彩度、輝度を変えてもカラーは溶けあいません。

Lightroom CCモバイル版の輝度調整
  • 色相では、色のトーンを変更できます。この例の場合、赤色の色相を+75にすると、オレンジ色に近くなります。
  • 彩度では、色の強さを変更できます。この例の場合、青色の彩度を+100にすると、より強い青色になります。
  • 輝度では、色の明るさを変更できます。この例の場合、緑色の輝度を+50にすると、明るい緑色になります。
色相 彩度 輝度 Lightroom

ターゲット補正ツール

ターゲット補正ツールを有効にすると、タップした領域からサンプリングされた特定のカラーを補正できます。カラーの色相、彩度、輝度を指で直接補正することが可能です。

崖の彩度を補正すると、崖がより強調され、自然の美しさが際立ちます。まず、ターゲット補正ツールをタップしてから、「彩度」をタップします。

Lightroom CCモバイル版のターゲット補正ツール

この状態で写真上で1つのカラーを垂直(または水平)にドラッグすると、そのカラーの彩度を上げ下げすることができます。

下のアニメーションのスクリーンショットでは、ターゲット補正ツール、「彩度」の順にタップしてから、赤色とオレンジ色の岩の領域をドラッグして、サンプリングされたカラーを上にスライドし、写真全体の赤色とオレンジ色の彩度を上げています。崖のカラーの変化が最も顕著です。

ターゲット補正ツールは、もう一度タップすると無効になります。

注意:ターゲット補正ツールは、現在iOSデバイスでのみ使用できます。

Lightroom CCモバイル版の彩度補正

変更結果のプレビュー

写真を1本指で押さえたままにすると、補正前の状態と補正後の結果を比較できます。 

補正ツールの右端にある初期化アイコンを使用すれば、いつでも補正をやり直したり、タップ1つで元の写真に戻したりできるので、いろいろな編集操作を気軽に試すことができます。

編集が済んだら、画面左上の矢印をタップして、「すべての写真」またはアルバムの画面に戻ります。編集した内容は、Lightroom CCデスクトップ版アプリとLightroom web版に自動的に同期されます。

Lightroom CCデスクトップ版をお持ちでない場合は、こちらからダウンロードできます。無料体験版のLightroom Classic CCデスクトップ版やPhotoshop CCを使えば、さらに高度な写真編集ができます。

Lightroom CCモバイル版
10/17/2018

提供元:Alexander Demyanenko

このページは役に立ちましたか。