モバイルデバイスのAdobe Photoshop Lightroomで、シーンの特定のカラーの色相、彩度、輝度を編集し、印象的な写真を作成します。
ザイオン国立公園の風景写真

学習内容

色は感情や記憶を呼び起こすとともに、視覚的に情報を伝える効果的な手段です。写真の色合いが暗かったり、くすんでいたり、記憶している色と異なっていたりして、がっかりすることがあります。嬉しいことに、Lightroomには、写真の特定のカラーを編集するツールが備わっています。たとえ外出先でも、それらのツールを利用すれば、モバイルデバイスで写真を編集できます。

このチュートリアルでは、Lightroomのカラーミキサーパネルとターゲット調整ツールを使用して、個々のカラーを微調整する方法を紹介します。スマートフォンでの手順をご覧いただきますが、コンピューターやタブレット、webのLightroomでも同様に作業できます。

カラーの補正前(左)と補正後(右)の風景写真

モバイルデバイス上のLightroomで写真を開く

「写真を追加」ボタンをタップしてカメラロールからLightroomに写真を追加するか、Lightroom内に既にある写真を選びます。編集ビューで写真を開きます。

「追加」をタップしてカメラロールの写真を追加し(左)、サムネールをタップして写真の編集を開始(右)

カラーミキサーパネルを開く

編集画面下部にあるバーの「カラー」アイコンをタップします。

次に「ミックス」アイコンをタップしてカラーミキサーパネルを開くと、個々のカラーを補正できます。

カラー/ミックスの順にタップし、スライダーをドラッグしてカラーを補正

カラー混合スライダーを調整する

カラーミキサーパネルにあるスライダーを使用して特定のカラーを調整すると、写真内のそのカラーすべてに反映されます。円のアイコンは、それぞれ別の色域を表しています。円のアイコンをタップして補正する色域を選択します。

次に、スライダーをドラッグして、写真内のそのカラーの色相、彩度、輝度を補正します。色相は色合い、彩度は色の強さ、輝度は色の明るさを意味します。

この例では、オレンジのアイコンを選択して、彩度スライダーを右にドラッグしました。その結果、写真内のオレンジ色が強くなり、崖の迫力と視覚的インパクトが増しています。また、青のアイコンを選択し、3つのスライダーすべてを使用して青色を微調整したところ、空の外観が変わりました。

Lightroom CCモバイル版の輝度調整
カラー補正適用前と適用後の画像3例

ターゲット調整ツールを使用して画像上で編集

ターゲット調整ツールを使用すると、直接画像上でカラーを補正できます。特定のカラーを指定して変更を加える直観的な方法です。

まず、カラーミキサーパネルでターゲット調整アイコンをタップしてツールをアクティブにします。次に、補正するプロパティを色相、彩度、輝度から選択します。

ターゲット調整ツールをアクティブにし、補正するプロパティを色相、彩度、輝度から選択

さらに、変更を加える画像内のカラーをタップし、水平または垂直方向にドラッグします。ドラッグに応じて、サンプリングしたカラーの色相、彩度、または輝度が、写真全体で変化します。

この例では、彩度を選択し、ターゲット調整ツールで草をタップして左にドラッグしたところ、写真全体の緑色と黄色の彩度が下がりました。

Lightroom CCモバイル版の彩度補正

ターゲット調整ツールでの作業が終わったら、ターゲット調整アイコンを再度タップしてカラーミキサーパネルに戻ります。このパネルでスライダーを操作すれば、カラーをきめ細かく調整できます。カラーミキサーパネルを閉じるには、「完了」をタップします。

09/02/2020

Adobe Stock提供元:Alexander Demyanenko

このページは役に立ちましたか。