Lightroom CCを使って、写真のトリミング、角度、遠近法を調整する方法を学びます。

写真を読み込む

作業に入る前に練習用のサンプルファイルをこちらからダウンロードしておきましょう。Lightroom CCを起動し、画面右上の「+」マーク(写真を追加)①をクリックします。ダウンロードした3つのサンプルファイルを選択したら、「読み込む項目を確認」②をクリックします。

「アルバムに追加」画面に、3枚の写真のサムネールが表示されます。写真の左上に青いチェックマークが付いているのを確認したら、画面右上の「3枚の写真を追加」③をクリックします。これで3枚の写真が、Lightroom CCの「マイフォト」の「最近追加した写真」に追加されます。それでは作業を開始しましょう。

写真の切り抜きと遠近法の調整

写真を切り抜く

Lightroom CCの切り抜きツールを使用して、写真の切り抜きを行ってみましょう。下の動画をご覧ください。

 

学習した内容:切り抜きツールを使用する

  1. Lightroom CCの画面左にある「マイフォト」ボタンをクリックするか、ショートカットキー「P」を押してマイフォトパネルを開きます。「最近追加した写真」をクリックし、グリッドに表示された写真の中から「写真1.jpg」を選択します。右側の列にある「切り抜きと回転」アイコンをクリックするか、ショートカットキー「C」を押すと、写真の周囲に切り抜きボックスが表示されます。
  2. ボックスのハンドルをドラッグして切り抜き範囲を調整します。切り抜きパネルのロック(縦横比を固定)アイコンが閉じている場合は、4つの辺はすべて一緒に移動し、切り抜きボックスはその比率を維持します。自由なサイズで切り抜きを行う場合は、ロックアイコンをクリックしてロックを解除します。
  3. 切り抜きパネルの「縦横比」プルダウンメニューから、あらかじめ設定された縦横比を選択して適用することができます。例えば、正方形で切り抜きたい場合は「1 × 1」を選択します。切り抜きパネルの「縦横比を回転」をクリックすると、縦横比をそのまま逆にできます。
  4. 切り抜きのサイズが決まったところで、切り抜き範囲内の写真をドラッグして位置を調整します。調整ができたら、Enterキー(Windows)またはReturnキー(Mac)を押して切り抜きを完了します。

すべての編集と同様に、いつでも元の画像に戻すことができます。元に戻したい場合は、切り抜きパネルを開き、「縦横比」プルダウンメニューから「元画像」を選択します。

 

傾いた写真をまっすぐにする

Lightroom CCの角度補正ツールを使用して、写真をまっすぐに調整します。下の動画をご覧ください。

 

学習した内容:写真をまっすぐにする

  1. マイフォトの「最近追加した写真」の中から「写真2.jpg」を選択し、右側の列にある「切り抜きと回転」アイコンをクリックするか、ショートカットキー「C」を押します。
  2. 切り抜きパネルで、「角度補正」スライダーの上にある「自動」ボタンをクリックすると、Lightroom CCが写真を自動的に回転させ、水平または垂直部分をまっすぐにします。
  3. 自動調整で良い結果が得られなかった場合は、手動で写真をまっすぐにします。「角度補正」スライダーを左右にドラッグすると写真が回転します。ガイドが表示されるので、それを目安に地平線が水平になるまでスライダーを動かします。写真がまっすぐになったら、Enterキー(Windows)またはReturnキー(Mac)を完了します。

右側のメニューから「元画像の状態にリセット」を選択すると、いつでも写真を元の状態に戻すことができます。

写真の遠近法を調整する

適切でないレンズを使用したり、カメラがぶれたりすると、写真の全体像が傾いたり、ゆがんだりします。垂直線または幾何学的形状が含まれている写真には、こうしたゆがみが特に目立ちます。そうした時には、Lightroom CCの「Upright」ツールは非常に便利です。Uprightツールを使用して、写真の遠近法を調整する方法をご紹介します。下の動画をご覧ください。

 

学習した内容:Uprightツールで写真の遠近法を調整する 

  1. マイフォトの「最近追加した写真」の中から「写真3.jpg」を選択し、右側の列にある「編集」アイコンをクリックするか、ショートカットキー「E」を押します。
  2. 「ジオメトリ」の右にある◀︎をクリックしてパネルを開きます。
  3. 「Upright」プルダウンメニューから「レベル」「垂直方向」「自動」を選択し、水平方向、垂直方向、またはその両方の遠近法を自動で調整します。Uprightによる補正を削除するには、メニューの「オフ」を選択します。
  4. さらに細かく調整する場合は、「Upright」プルダウンメニューから「ガイド付き」を選択します。 水平または垂直にする必要がある部分に沿ってドラッグし、写真に直接ガイドを描画します。 最大4つのガイドを追加して、遠近法を微調整することができます。画面下の「元画像を表示」を繰り返しクリックすることで、補正前と補正後の状態を比較することができます。
  5. 垂直方向の調整で写真の周りに余白が出てしまう場合は、「切り抜きを制限」にチェックを入れるか、または「切り抜き」ツールを使用して余白を切り取ります。
このページは役に立ちましたか。