撮って楽しい・撮ってからも楽しい! はじめてのモバイル版Lightroom CC


モバイル版Lightroom CCというアプリをご存知ですか?

簡単な操作できれいな写真が撮れ、撮影した写真を印象的な作品に仕上げられる、「カメラ+色調整+管理と閲覧」が楽しめる無料モバイルアプリです。

はじめてのユーザーにも使いやすい工夫がなされていますが、その中身はプロも納得のクオリティ。つまり、初心者でもプロ顔負けの写真が撮れて作れる、ということです。

撮影の面白さから写真編集の醍醐味まで、写真の面白さが存分に堪能できるLightroom CCとはどんなアプリなのか、撮影のコツも交えてご紹介します。

SNSで映える写真にしたい。人気のフィルターのような色を再現したい。そんな願いも、ボタンをタップすれば簡単に叶えられます。「編集」画面で気に入った効果(プリセット)を選べば、あっという間に仕上げられます。


心に残る写真を撮る簡単なアイデア、それは目では見えないシーンを捉えることです。難しそうに思えますが、実は簡単。その一例として挑戦したいのが、人をブラして動いた軌跡を写すテクニックです。人の動きを表現することで、「この先どうなるの?」と引き込まれる写真になります。

モバイル版Lightroom CCのカメラ機能を使ってみよう!

「AUTO」モードでカンタン撮影


モバイル版Lightroom CCのカメラ機能には、簡単に撮影できる「AUTO」モードと、本格的なカメラのようにシャッター速度などが選べる「プロフェッショナル」モード、そしてHDR写真が写せる「HDR」モードがあります。

普段の撮影は「AUTO」モードでOK。きれいな写真になるように、シーンに応じて明るさや色が自動で調整されるので、シャッターを押すだけで納得の写真が写せます。

明るさを自分で調整したいと思ったら、画面上で指を左右(横に構えたときは上下)にスライドしてみましょう。見た目よりも明るく写したり、暗く写すことができるようになります。

指スライドの操作は、覚えておくといざというときに役立ちます。

カメラ機能は、画面右下に表示されるカメラアイコンをタップすると起動できます。


①「AUTO」や「プロフェッショナル」の文字をタップすると、カメラのモードが切り替えられます。まずは「AUTO」にセットしましょう。②が「DNG」になっていると、より高品質な写真が写せます。


〔ワンポイント〕

■DNGとは?

写真の世界で「RAW形式」と呼ばれる高品位なデータのことです。RAW形式はカメラによりファイルの呼び名が異なり、モバイル版Lightroom CCでは「DNG」と呼んでいます。写真の明るさや色の調整に強い形式で、選択できるときは「DNG」にしておきます。

カメラを「AUTO」にセットしたら、あとはシャッターボタンを押すだけ。Lightroom CCが明るさや色を自動で調整して、滑らかできれいな写真を写してくれます。作例は、地上の雑多な通行人や車を構図から外して、ビビッドな標識の色と青空をシンプルに対比してみました。

工夫を凝らしたこだわりの撮影がしたいなら


「AUTO」モードでも十分にきれいな写真が写せますが、もっとこだわって撮影したいときは「プロフェッショナルモード」で対応できます。

プロが使うカメラのように細かな設定が行えるモードですが、実は、誰でも簡単に写せるように自動的な機能も充実しています。たとえば、ある機能を自分で設定したら、ほかの機能が自動で調整されて失敗なく写せる、という具合です。

カメラが撮影をサポートしてくれるので、「プロフェッショナル」モードから使い始めても問題はありません。もちろん、「AUTO」モードからの移行も難しくはないでしょう。

こだわりの作品を写したい、撮影を楽しみたい、カメラの仕組みを覚えたいなど、写真に対して“欲”が出たら「プロフェッショナル」モードがおすすめです。

画面の中に「見慣れないもの」や「不思議な要素」があると目を引く写真になります。そこで、シャッター速度を1/8秒にセットして、カメラの前を横切る人影をブラして写し込みました。明るくなり過ぎないように、サングラスのような暗く写るフィルター(NDフィルター)をレンズの前に置いて撮影しています。


上の写真を写す設定はコレ! ①「プロフェッショナル」モードで、②「Sec」の文字をタップ。表示された③スライダーの〇マークをドラッグして、「Sec」の数字を「1/8」秒にセットします。通行人をブラすなら、「1/10」秒前後にセットすると効果的です。

モバイル版Lightroom CCの編集機能はすごくてカンタン

初心者だって作品が作りたい!


知識がなくても簡単に写真が仕上げられる点も、モバイル版Lightroom CCの魅力といえます。

色調整をはじめとした編集機能は、プロの要望にも応える高性能なものが搭載されています。それにもかかわらず、初心者でも扱いやすいように「直感的な操作性」になっているので、「こうしたい」が簡単に実現できるのです。

写真の編集がはじめてなら、「プリセット」から使い始めてみましょう。ジャンル別にたくさんの効果が用意されていて、サンプルから好みのタイプをタップするだけで作品が完成します。芸術的な知識やセンスがなくても問題ありません。

ちなみに、プリセットで適用された効果は手動補正の各スライダーに反映されているので、後から自分で調整し直すことも可能です。

「編集」画面へのアクセスと、プリセットを使った作品の作り方は次のとおりです。

カメラ(スマートフォン)を横で構えているときは左下、縦のときは左上の「×」ボタンをタップして、撮影した写真が一覧で表示される画面に移動します。


写真の一覧から編集したい写真をタップ。これで、色の調整などが行える「編集」画面に切り替わります。


「プリセット」ボタンをタップするとジャンル別の効果が選べます。写真の色がどのように変化するのかがひとめで分かるので、狙った仕上がりにするのも簡単です。


   ↓


作例は「独創的」の項目にある「09-シャドウ(暖色系)」で仕上げました。埃っぽく錆びたような色彩が、古い自転車に味わいのある雰囲気を出してくれました。

もうひとつのLightroom CC

より便利な環境を得たいなら


Lightroom CCは、モバイル版(Android、iOS)だけでなく、WindowsやMacなどのパソコン版も用意されています。写真はクラウドストレージで共有され、どちらを使っても全く同じ。撮影した写真だけでなく、編集した内容や写真の管理方法も共有され、環境に関係なく同じ状態で作業が行えます。

もし、パソコン版のLightroom CCが未体験なら、無償体験版を試してみましょう。パソコンの大きな画面での作業は、モバイル版とは違った使いやすさがあります。1TBもの大容量クラウドストレージ付きのプランもあるので、写真をたくさん撮影する“写真好き”も安心です。

パソコン版との連携については、次回以降で触れたいと思います。

モバイル版Lightroom CCとパソコン版Lightroom CCはクラウドで連動しているので、どちらも同じ写真が表示されます。写真の色や編集結果も同じで、外出先はモバイル版、自宅はパソコン版、という使い方ができるのもLightroom CCの魅力です。


執筆者:桐生彩希
 


その他おすすめコンテンツ

 


Lightroom CC

無償ですべての機能をお試しいただくことができます。

ダウンロードはこちら ›
 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。