全員の写りの良い写真を撮影できたら、写真のその他の部分の写りも良くなってほしくなります。Adobe Photoshop Lightroomでは、不要な要素の除去、明るさの修正、カラーと色合いの調整、重要な被写体の強調などの補正を簡単に実行できます。

夏にブランコに乗った4人の子供たちの額入りの写真

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock画像が含まれています。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

練習用ファイルを使用するか、除去したい不要な部分のある写真を用意して使用します。切り抜きツールを選択して、写真の中心に人物が配置されるようにハンドルをドラッグします。この練習用写真では、右側の柱、上部の樹木、下部を切り抜いて除外しました。

4人の子供たちの写真を切り抜きツールでトリミングする

部分補正を使用して、画像の一部のみを調整します。この画像では、右上の日差しを低減しました。昼間の屋外で撮影するとよくこのような白飛びが発生します。円形グラデーションを選択し、ドラッグして対象領域を楕円形で囲みます。スライダーを動かして、顔やその他のディテールが現れるように明るさを調製します。キーボードのOキーを使用して、赤のオーバーレイに切り替え、編集の対象領域を確認します。

円形グラデーションを使用して明るさを抑える。スライダーを使用して、明るい部分を修正し、ディテールを強調する

画像全体に編集を適用するには、全体補正を使用します。この練習用写真では、編集パネルのコントロールを使用して色温度を下げました。これで画像全体の青色が強調されて黄色が減り、すっきりした色合いになります。また、彩度を少し強くして、カラーの鮮やかさが映えるようにしました。

スライダーで色温度を下げると、青色が強調されて写真が涼しげな色になる

被写体に注目を集めるには、周辺光量補正を使用します。「プリセット」ボタンをクリックして、プリセットの一覧から、周辺光量補正のプリセットを選択します。

周辺光量プリセットを加えて、子供たちの顔に注目を集める

いくつかの簡単な補正を加えるだけで、このように家族が生き生きと輝きを増します。 

edit-family-photo_step5BEFORE edit-family-photo_step5AFTER

実際に家族写真を使って、最も重要なテーマが際立つように補正しましょう。Lightroom CCで写真に加えた編集は自動的にクラウドに保存されるため、どのデバイスのLightroom CCでも、フル解像度の写真の最新版で作業できます。 

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン