Lightroomを使って、明るさや色温度を調整することで、暗く写った室内写真を目で見たままのように明るく鮮やかに仕上げることができます。

Photoshop Lightroomは写真の管理から現像、編集、共有まで、写真愛好家やフォトグラファーの必要とする多くの機能を搭載しています。プロアマ問わず多くのユーザーの意見・要望を反映したRAW現像機能やインターフェースは、直感的で使いやすいと好評を得ています。

Lightroomの詳細はこちら >


1. Lightroomで写真を読み込む


Lightroomを起動し、写真を読み込みます。
左パネルの上にある[+]ボタンをクリックします。


ファイルを選択するためのダイアログボックスが表示されます。
読み込みたい写真を選択し、[読み込む項目を確認]をクリックします。


ウィンドウに、選択した写真のサムネイルが表示されました。
編集したい写真のサムネイルの左上に、青いチェックマークがついているかを確認します。
チェックマークがついていない場合は、サムネイルの左上をクリックすることで写真が選択され、青いチェックマークがつきます。
(上パネルの[アルバムに追加]→[新規]からアルバムを作成することで、写真の整理、管理が簡単に行えます。)
編集したい写真が選択できたら、右上にある[1枚の写真を追加]ボタンをクリックします。


読み込まれた写真がウィンドウに表示されました。

Lightroomで読み込まれた写真は、元の形式のままクラウド上に保存されます。
パソコンやスマートフォンなどすべてのデバイス間で自動的に同期されるので、いつでもすきなときに写真の編集ができます。

2. 写真の明るさを調整する    


読み込まれた写真がウィンドウに表示されます。
写真の雰囲気が暗いので、右パネルの[編集]→[ライト]→[露光量]のスライダーを右にドラッグして調整します。
スライダーを右にドラッグ(プラス)すると色味をそのままに、全体が明るい写真になります。

3. 暗い部分の明るさを調整する



右側にある基本パネルの[色表現]→[階調]→[シャドウ]のスライダーを右にドラッグします。暗かった部分が明るくなり、全体が明るい印象になりました。
スライダーを右にドラッグ(プラス)すると暗くなっている部分が明るくなり、暗くて見えなかった部分が見えるようになります。左にドラッグ(マイナス)すると、暗かった部分がさらに暗くなり真っ黒に近くなります。

4. 写真の暗さを調整する


右パネルの[編集]→[ライト]→[黒レベル]のスライダーを右にドラッグして調整します。
黒レベルとは画像の中でいちばん暗い部分のことで、スライダーを左にドラッグ(マイナス)するとさらに暗く、右にドラッグ(プラス)すると明るくなります。

5. 色温度を暖色系に調整する


右パネルの[編集]→[カラー]→[色温度]のスライダーを右にドラッグして調整します。
スライダーを右にドラッグ(プラス)すると光が暖色系になり、左にドラッグ(マイナス)すると光が寒色系になります。
今回は、温かみを表現したいので色温度を暖色系に寄せまます。

6. 写真を保存する


メニューバーから[ファイル]→[保存先…]をクリックします。


保存ダイアログボックスから、ファイル形式、場所、サイズを指定し、[保存]をクリックします。

 



このチュートリアルを読んだ方へのおすすめコンテンツ

背景をぼかして、写真をより印象的に
 

可愛いペットがラテアートに
 

写真に写ったねこの表情を変化させる
 

AdobeのYouTube公式チャンネルでは、Lightroom・Photoshopを使った写真編集テクニックを紹介しています。

 


無償体験版ダウンロード

無償ですべての機能をお試しいただくことができます。

ダウンロードはこちら ›
 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

アドビのロゴ

アカウントにログイン