Lightroom CCを使って、色の調整を行うことで、夕陽の情景を印象的に仕上げることができます。

Photoshop Lightroom CCは写真の管理から現像、編集、共有まで、写真愛好家やフォトグラファーの必要とする多くの機能を搭載しています。プロアマ問わず多くのユーザーの意見・要望を反映したRAW現像機能やインターフェースは、直感的で使いやすいと好評を得ています。

Lightroom CCの詳細はこちら >

1. Lightroom CCで写真を読み込む


Lightroom CCを起動し、写真を読み込みます。
左パネルの上にある[+]ボタンをクリックします。


ファイルを選択するためのダイアログボックスが表示されます。
読み込みたい写真を選択し、[読み込む項目を確認]をクリックします。


ウィンドウに、選択した写真のサムネイルが表示されました。
編集したい写真のサムネイルの左上に、青いチェックマークがついているかを確認します。
チェックマークがついていない場合は、サムネイルの左上をクリックすることで写真が選択され、青いチェックマークがつきます。
(上パネルの[アルバムに追加]→[新規]からアルバムを作成することで、写真の整理、管理が簡単に行えます。)
編集したい写真が選択できたら、右上にある[1枚の写真を追加]ボタンをクリックします。


読み込まれた写真がウィンドウに表示されました。

Lightroom CCで読み込まれた写真は、元の形式のままクラウド上に保存されます。
パソコンやスマートフォンなどすべてのデバイス間で自動的に同期されるので、いつでもすきなときに写真の編集ができます。

2. 修復ブラシで不要な部分を削除する


読み込まれた写真がウィンドウに表示されました。
写り込んでしまっているブイ(海上の黒い部分)を修正ブラシで削除します。
右パネルの[修復ブラシ]をクリックし、修復したい箇所にあわせてサイズ、ぼかしの値を設定します。
消したいものがある部分を少し大きめに覆うようにドラッグします。
修復したい箇所をドラッグすると、Lightroom CCが修復したい箇所と似た箇所を探し出し、その部分を参照して修復を行います。


自動で修復された箇所が合わない場合はピンを移動させて調整します。
修復箇所や元画像の位置が適切ではない場合は、お互いのピンを移動させて調整ができます。


同じように、もう一箇所も修正します。
修復ブラシで海の黒い部分を覆うようにドラッグして選択し、修復箇所や元画像を移動させて調整します。

3. シャドウを調整する


逆光で人物が暗くなりすぎてしまっているので、明るくします。
右パネルの[編集]をクリックし、[ライト]→[シャドウ]のスライダーを右にドラッグして調整します。
暗かった部分が明るくなり、全体が明るい印象になりました。

4.色温度を調整する


色味を調整するために、右パネルの[編集]→[カラー]→[色温度]のスライダーを左にドラッグします。
スライダーを左にドラッグ(マイナス)すると光が寒色系になり、右にドラッグ(プラス)すると光が暖色系になります。

5.彩度を調整する


夕日を綺麗に見せるために、右パネルの[編集]→[カラー]→[彩度]のスライダーを右にドラッグして調整します。
全体の彩度が高くなり、鮮やかな夕日になりました。

6.かすみの除去を調整する


くっきりと鮮明な写真にするために、右パネルの[編集]→[効果]→[かすみの除去]のスライダーを右にドラッグします。
スライダーを右にドラッグ(プラス)するとかすみの量が減り、メリハリのある写真になります。

7. 効果を適用する範囲をきめる


効果を適用する範囲を決めるために、右パネルの[円形グラデーション]をクリックし、写真の上でドラッグします。
円形グラデーションの範囲は何度でも移動や大きさの調整ができます。

8. 選択した範囲につける効果を調整する


右パネルの[シャドウ]のスライダーを左にドラッグします。
円形グラデーションで選択した範囲にのみ効果が適用され、ビネットのような加工になりました。

9. 写真を保存する


メニューバーから[ファイル]→[保存先…]をクリックします。


保存ダイアログボックスから、ファイル形式、場所、サイズを指定し、[保存]をクリックします。


このチュートリアルを読んだ方へのおすすめコンテンツ


余計なものを消して、夏の思い出を美しく

 

背景をぼかして、写真をより印象的に


逆光写真を補正する

AdobeのYouTube公式チャンネルでは、Lightroom CC・Photoshop  CCを使った写真編集テクニックを紹介しています。
 


無償体験版ダウンロード

無償ですべての機能をお試しいただくことができます。

ダウンロードはこちら >
 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 >

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 >

このページは役に立ちましたか。