Lightroomのマスク機能を使用すると、1枚の写真に対して複数のマスクを作成して、個別に調整することができます。このチュートリアルでは、Adobe SenseiのAI技術により、空と被写体を自動的に選択し、それぞれの色調を編集する手順を紹介します。まずは下の動画で一連の制作工程を確認しましょう。

 

 

準備するもの


本チュートリアル内で使⽤する主な機能

マスク:空を選択、被写体を選択、マスクパネル

 

手順

1.空を選択して色調を編集する

2.被写体を選択して範囲を調整する

3.被写体の色調を編集する

⼿順1/3

空を選択して⾊調を編集する

Lightroomを起動し、「ファイル」→「写真を追加」から練習⽤サンプルファイル「mask.jpg」を選択して「読み込む項⽬を確認」をクリックします。次の画⾯でサムネールにチェックが⼊っているのを確認し、右上の「1枚の写真を追加」をクリックします。グリッドに写真が表⽰されたら、ダブルクリックして開きます。

右側のツールバーから「マスク」を選択してパネルを開きます。「空を選択」をクリックしてパネルを表⽰させ、「マスク」パネルで「マスク1」をクリックすると、空が⾚くオーバーレイ表⽰されます。

右側のツールバーから「マスク」を選択してパネルを開きます。「空を選択」をクリックしてパネルを表⽰させ、「マスク」パネルで「マスク1」をクリックすると、空が⾚くオーバーレイ表⽰されます。

「マスク1/空1」が選択された状態で、右側のパネルの各スライダーを動かして調整を⾏います。(露光量:-0.88、明瞭度:+31、かすみの除去:+37)

「マスク1/空1」が選択された状態で、右側のパネルの各スライダーを動かして調整を⾏います。(露光量:-0.88、明瞭度:+31、かすみの除去:+37)

⼿順2/3

被写体を選択して範囲を調整する

次に、⼈物に対してマスクを作成します。マスクパネルで「新しいマスクを作成」をクリックし、「被写体を選択」を選択します。⾃動的に⼈物が選択され、マスクパネルに「マスク2」が追加されます。選択範囲は⾚のオーバーレイとして表⽰されます。

選択しきれていない部分がある場合、マスクパネルの「マスク2/被写体1」内にある「追加」をクリックし、「ブラシ」を選択します。「ブラシ」パネルでブラシサイズを調整しながら、未選択部分をブラシでなぞり、選択範囲を追加します。

選択しきれていない部分がある場合、マスクパネルの「マスク2/被写体1」内にある「追加」をクリックし、「ブラシ」を選択します。「ブラシ」パネルでブラシサイズを調整しながら、未選択部分をブラシでなぞり、選択範囲を追加します。

⼿順3/3

被写体の⾊調を編集する

「マスク2/被写体1」が選択された状態で、右側のパネルの各スライダーを動かして調整を⾏います。(露光量:-0.52、シャドウ:+34、明瞭度:+34)

「マスク2/被写体1」が選択された状態で、右側のパネルの各スライダーを動かして調整を⾏います。(露光量:-0.52、シャドウ:+34、明瞭度:+34)

Lightroomのマスク機能は、今回の「空を選択」「被写体を選択」以外にも、ブラシ、線形グラデーション、円形グラデーション、カラー範囲、輝度範囲などのツールを使ってマスクを作成し、1つのパネルで管理することができます。ぜひ試してみてください。

Lightroomのマスク機能は、今回の「空を選択」「被写体を選択」以外にも、ブラシ、線形グラデーション、円形グラデーション、カラー範囲、輝度範囲などのツールを使ってマスクを作成し、1つのパネルで管理することができます。ぜひ試してみてください。

Adobe logo

Sign in to your account