Lightroomの部分補正ツールを使用して、写真の一部を選択し編集する方法を学びます。

写真を読み込む

作業に入る前に練習用のサンプルファイルをこちらからダウンロードしておきましょう。

  • Lightroomを起動し、画面左上の「+」アイコン(写真を追加)①をクリックします。表示されるダイアログでサンプルファイル「3_sample_files」を選択し、「読み込む項目を確認」②をクリックします。
  • 「アルバムに追加」画面に変わり、8枚の写真のサムネールが表示されます。アルバムを作成するには、画面上部のドロップダウンリストをクリックし、「新規作成」③を選択します。表示されるダイアログでアルバムの名前を入力し、「作成」をクリックします。
  • サムネールの左上に青いチェックマークが付いているのを確認し、「8枚の写真を追加」④をクリックします。
  • Lightroomの画面に戻ったら、画面左の「マイフォト」をクリックし、新しく追加されたアルバムを選択すると、読み込んだ8枚の写真が表示されます。


それでは作業を開始しましょう。

写真の部分的な編集

円形グラデーションツールで写真の一部を編集する

Lightroomの円形グラデーションツールを使用して、写真の一部にライティング効果を調整します。下の動画をご覧ください。

学習した内容:円形グラデーションツールを使用する

  • 編集したい写真を選択し、右側の「円形グラデーション」をクリックします。
  • ここでは写真の一部の領域以外を暗くして、その一部だけにスポットが当たっているような効果を作成します。まず、「円形グラデーション」パネルで「露光量」のスライダーを左に動かします。この時点で写真に変化はありません。
  • 次に、写真の一部の領域でクリック&ドラックし、楕円形を描きます。楕円の内側だけが暗くなります。円の中心の青いピンにカーソルを合わせると、楕円の内側に赤いオーバーレイが表示されます。これは調整が適用される範囲を示すものです。
  • 「円形グラデーション」パネルの上部にある「反転」チェックボックスをクリックすると、今度は楕円の外側が暗くなります。青いピンにカーソルを合わせると、楕円の外側に赤いオーバーレイが表示されるのがわかります。
  • 円形グラデーションを移動するには、青いピンをドラッグして、強調したい部分に配置します。円形グラデーションのサイズや形状を変更するには、境界上の4つの変形ハンドルをクリックしてドラッグします。
  • 「円形グラデーション」パネルのスライダーを操作して、同じ円形グラデーションにライト、カラー、およびその他の調整を追加できます。
  • 写真の別の領域に円形グラデーションを作成するには、もう一度クリックしてドラッグします。「反転」チェックボックスをクリックして、円形グラデーションの内側に調整を適用することも可能です。
  • 円形グラデーションを削除するには、中央の青いピンを右クリック(Windows)またはControl+クリック(Mac)して、「削除」を選択します。
  • 適用した円形グラデーションの情報は写真とともに保存されます。後で変更したいときは、円形グラデーションツールを選択し、変更するグラデーションの青いピンを選択して、スライダーを調整します。

線形グラデーションツールで風景写真を補正する

Lightroomの線形グラデーションツールを使用して、風景写真の背景と前景を個別に調整します。下の動画をご覧ください。

学習した内容:線形グラデーションツールを使用する

  • 編集したい写真を選択し、右側の「線形グラデーション」をクリックします。
  • まず風景写真の前景の明るさを調整します。「線形グラデーション」パネルで「露光量」のスライダーを右に動かします。この時点で写真に変化はありません。
  • 風景写真の前景を調整するには、前景の部分をクリックして下から上にドラッグします。線形グラデーションを水平に固定する場合は、Shiftキーを押しながらドラッグします。写真の下の部分が最も明るくなり、徐々にフェードアウトして一番上の線より上には調整が適用されません。グラデーションの中心線にある青いピンにカーソルを合わせると、調整が適用される範囲を示す赤いオーバーレイが表示され、上に向けて徐々にフェードアウトすることがわかります。
  • 線形グラデーションのサイズを微調整するには、グラデーションの一番上の線または一番下の線をクリックしてドラッグします。グラデーションを移動するには、青いピンをクリックしてドラッグします。回転するには、中央の線をクリックしてドラッグします。
  • この線形グラデーションに補正を適用するには、「線形グラデーションパネル」の各スライダーを動かします。
  • 選択したグラデーションを部分的に消去するには、「線形グラデーション」パネルの上部にある消しゴムアイコンを選択し、不要な領域をペイントします。この際にオーバーレイを表示することで、適用範囲が確認でき、作業がやりやすくなります。
  • グラデーションを部分的に追加するには、「線形グラデーション」パネルの上部にあるブラシアイコンを選択して、追加する箇所をペイントします。
  • 別の領域に線形グラデーションを作成するには、写真内でもう一度クリックしてドラッグし、このグラデーションの調整スライダーを設定します。たとえば、前景と空の領域に別々の調整をおこなうときに使用します。
  • 適用した線形グラデーションの情報は写真とともに保存されます。後で変更したいときは、線形グラデーションツールを選択し、変更するグラデーションの青いピンを選択して、スライダーを調整します。

ブラシツールで写真の一部を補正する

Lightroomのブラシツールを使用して写真の一部をペイントし、補正します。下の動画をご覧ください。

学習した内容:ブラシツールを使用する

  • 編集したい写真を選択し、右側の「ブラシ」をクリックします。「ブラシ」パネルで「露光量」のスライダーを左に動かします。この時点で写真に変化はありません。
  • ブラシのサイズを調整するには、パネル上部の「サイズ」スライダーを動かします。次に、写真の一部をペイントすると、その部分だけが暗くなります。
  • ペイント領域から一部を除外するには、パネル上部にある消しゴムアイコンを選択して、除外する部分をペイントします。
  • ペイント領域を追加するには、パネル上部にあるブラシアイコンを選択して、追加する部分をペイントします。
  • 写真の別の部分に別のブラシ補正を適用するには、パネル上部の「+」アイコン(新しいブラシを開始)を選択し、別の部分をペイントします。
  • それぞれのペイント領域の青いピンを選択し、各スライダーを変更することで、ブラシ補正をいつでも再調整できます。
  • ペイント領域を削除するには、青いピンを選択して、キーボードのBackspaceキー(Windows)またはDeleteキー(macOS)を押します。すべてのペイント領域を削除するには、パネル上部にある「初期化」アイコンをクリックします。
  • パネル上部、サイズスライダーの右上にある三角矢印をクリックすると、その他のブラシ設定が表示されます。「自動マスク」をオンにすると、オブジェクトのエッジからはみ出さないようにペイントできます。それでもはみ出したり、塗り足らなかった場合は、消しゴムツールとブラシツールを使って削除、または塗り足しをおこないます。
  • ペイント領域には、ライト、カラー、その他の効果を複数適用することができます。

修復ブラシで不要な部分を削除する

Lightroomの修復ブラシツールを使用して、写真から不要な部分を削除します。下の動画をご覧ください。

学習した内容:修復ブラシツールを使用する

  • 編集したい写真を選択し、拡大表示して小さな斑点など不要な部分を探します。
  • 右側の「修復ブラシ」をクリックし、「修復ブラシ」パネルの「サイズ」スライダーを動かして、削除する部分よりもわずかに大きく設定します。または、キーボードの「左角括弧」キーを押してブラシサイズを小さく、「右角括弧」キーを押してブラシサイズを大きくすることができます。
  • 不要な部分をクリックまたはドラッグします。周辺の画像のピクセルが自動的にサンプリングされ、そのピクセルによって不要な部分が塗りつぶされます。修復補正の適用元と先を示す2つの白い円が表示されます。白い円を表示または非表示にするには、キーボードの「O」キーを押します。
  • 別のオブジェクトを削除する場合は、同様の操作で不要な部分をクリックして削除していきます。
  • 結果に満足できない場合は、適用元の円を別の部分にドラッグします。これにより再サンプリングされた新しい補正ピクセルが適用されます。
  • 修復ブラシによる補正内容を削除するには、対象である白い円を選択し、キーボードのBackspaceキー(Windows)またはDeleteキー(Mac)を押します。
  • 削除するオブジェクトが大きかったり、複雑な背景だったりした場合は、Photoshopのさらに強力な修復ツールを使用してみましょう。右側の「…」アイコンをクリックし、「Photoshopで編集」を選択します。Photoshopでの作業が完了したら、「ファイル」→「保存」を選択して、編集した写真のコピーをLightroomに保存します。
このページは役に立ちましたか。