Lightroomの編集コントロールを使って写真の調整とプリセットを適用する方法を学びます。

写真を読み込む

作業に入る前に練習用のサンプルファイルをこちらからダウンロードしておきましょう。

  • Lightroomを起動し、画面左上の「+」アイコン(写真を追加)①をクリックします。表示されるダイアログでサンプルファイル「2_sample_files」を選択し、「読み込む項目を確認」②をクリックします。
  • 「アルバムに追加」画面に変わり、6枚の写真のサムネールが表示されます。アルバムを作成するには、画面上部のドロップダウンリストをクリックし、「新規作成」③を選択します。表示されるダイアログでアルバムの名前を入力し、「作成」をクリックします。
  • サムネールの左上に青いチェックマークが付いているのを確認し、「6枚の写真を追加」④をクリックします。
  • Lightroomの画面に戻ったら、画面左の「マイフォト」⑤をクリックし、新しく追加されたアルバムを選択すると、読み込んだ6枚の写真が表示されます。


それでは作業を開始しましょう。

編集コントロールによる写真の調整

写真の外観を調整する

Lightroomの編集コントロールを使って、写真の色や明るさ、その他の調整をおこないます。下の動画をご覧ください。

学習した内容:編集コントロールを使用するためのヒント

  • 編集したい写真を選択し、画面右側の「編集」アイコンをクリックして、編集用のワークスペースを開きます。ここには「ライト」「カラー」「効果」「ディテール」「レンズ」などのパネルが整理されています。
  • パネルを展開または折りたたむには、パネルのタイトルをクリックします。1つのパネルのみを表示したい場合は、右側の「…」アイコンをクリックして、「シングルパネルモード」を選択します。
  • 編集コントロールの多くは、スライダーを左右にドラッグして調整します。より細かく制御するには、スライダーの右側の値をクリックし、キーボードの上下矢印キーを押して、スライダーを少しずつ移動します。スライダーをリセットするには、スライダーの円をダブルクリックします。
  • 編集中の写真の前と後のビューを比較するには、ツールバーの「オリジナルを表示」アイコンをクリックします。
  • 編集をおこなっても元の画像が実際に変更されることはないため、いつでも編集をやり直したり、元の状態に戻したりすることができます。1ステップずつ元に戻すには、「編集」- 「取り消し」を選択するか、Command + Zキー(Mac)またはControl + Zキー(Windows)を押します。やり直すには、「編集」-「やり直し」を選択するか、Command + Shift + Zキー(Mac)またはControl + Shift + Zキー(Windows)を押します。すべての編集を取り消すには、右側の「…」アイコンをクリックして、「元の状態にリセット」を選択します。
  • 編集内容はすべてクラウドに自動的に保存、同期され、他のデバイスからファイルを開いて閲覧、編集することができます。

プリセットを適用する

Lightroomに用意された数々のプリセットを使用して、写真の外観を1クリックで変更します。下の動画をご覧ください。

学習した内容:プリセットのプレビューと適用

  • 編集したい写真を選択し、画面右側の「編集」アイコンをクリックします。次に、編集用ワークスペースの下部にある「プリセット」をクリックして、「プリセット」パネルを開きます。「 プリセット」パネルのカテゴリタイトルをクリックすると、そのカテゴリのプリセットを表示/非表示できます。
  • 選択した写真でプリセットがどのように見えるかをプレビューするには、クリックをしなくてもプリセットにカーソルを合わせるだけで、写真がどのように変化するかをプレビューできます。その際に、編集パネルのスライダーが自動的に動いていることに注目してください。
  • 好みのプリセットが見つかったら、そのプリセットをクリックして、選択した写真に適用します。同じ写真に複数のプリセットを適用することも可能です。
  • 適用したプリセットを削除する場合は、「編集」-「取り消し」を選択するか、Command + Zキー(Mac)またはControl + Zキー(Windows)を押します。
  • それぞれ異なるプリセットを適用した複数の写真バージョンが必要な場合は、「編集」-「複製」を選択します。これにより、写真ライブラリに写真の複製が作成されます。

独自のプリセットを作成する

編集コントロールで調整した内容をカスタムプリセットとして保存し、他の写真にも繰り返し使用できるようにします。下の動画をご覧ください。

学習した内容:独自のプリセットを作成、保存する

  • 独自のプリセットを最初から作成するか、写真に別のプリセットを適用してからカスタマイズすることもできます。まず、編集コントロールを調整して、選択した写真の外観を変更します。
  • 「プリセット」パネルが開いていない場合は、「編集」アイコンをクリックして編集用ワークスペースを開き、下部の「プリセット」をクリックします。
  • 「プリセット」パネルの右上にある「…」アイコンをクリックして、「プリセットを作成」を選択します。プリセットに名前を付けて、「保存」をクリックします。
  • 作成したカスタムプリセットが「プリセット」パネルの「ユーザープリセット」カテゴリに追加され、フォトライブラリ内の他の写真にも適用できるようになります。
このページは役に立ちましたか。