Lightroom CCモバイル版で写真を共有し、スライドショーを表示する方法を説明します。

秋の木々の間を通る2車線の道路の写真がLightroomで開かれ、オンラインで共有されている

注意:Lightroomデスクトップ版とwebギャラリー間での同期を有効にするには、Lightroomの体験版、または有料のAdobe Creative Cloudメンバーシップが必要です。

写真を共有する

スマートフォンのLightroom CCモバイル版で撮影した写真を共有する場合は、その写真をタップして開き、画面右上の共有アイコンをタップします。メニューから「共有」を選んでタップし、適切な画像サイズを選択します。次に、電子メールやソーシャルメディアなどお好みの共有方法を選択して、写真とメッセージを発信しましょう。

注意:このチュートリアル内のスクリーンショットは、iPhone版Adobe Photoshop Lightroomの画面です。iPhone、iPad、Androidデバイスでユーザーインターフェイスが異なる場合があります。

共有アイコンをタップし、サイズを選択した後、テキスト、電子メール、またはソーシャルメディアで写真を共有するかどうかを選択する

複数の写真を共有する 

複数の写真をまとめて共有するのも簡単です。Lightroomの写真またはアルバムを開き、複数の写真を選択します。下部の共有アイコンをタップして、メニューから「共有先」を選択します。表示された共有先のメニューからFacebookなどの任意の共有先を選びます。

複数の写真を共有するには、それぞれの写真をタップまたはスワイプし、歯車アイコンをタップした後に、メタデータ付きとメタデータなしのどちらで共有するかを選択する

アルバムを共有

仕事、旅行、ポートフォリオなど、写真をアルバムにまとめて整理している場合、そのアルバムごと共有することができます。任意のアルバムを開き、「…」をクリックしてメニューから「共有と招待」を選択します。表示されたURLをタップするとアルバムがwebブラウザで表示されます。URLをクリップボードに貼り付けてユーザーを招待すると、他のユーザーにも公開することができます。

アルバムを共有するには、共有アイコンをタップし、「アルバムを共有」を選択して、「共有」をタップする。アルバムは、webで表示するか、URLを使用して共有することができる

デバイスに写真を保存する

写真をスマートフォンやタブレットに保存すれば、他の用途にも使用できて便利です。Lightroomの写真または任意のアルバムを開き、写真を選択して共有アイコンをタップします。メニューから「カメラロールに書き出し」を選択します。メニューから「カメラロールに書き出し」を選択します。選択した写真が自動的にデバイスに保存されます。

写真をデバイスに保存するには、共有アイコンをタップし、「カメラロールに保存」を選択した後、画像を選択する

別のアプリで写真を開く

モバイルデバイスで写真を編集する場合、Lightroom CCモバイル版でほとんどの補正をおこなえますが、合成や修復といったさらに高度な編集がしたい場合は、簡単に別のアプリに送信できます。Lightroomの写真または任意のアルバムを開いて編集したい写真を選択し、共有アイコンをタップします。メニューから「アプリで開く」をタップします。次に、Photoshop Express、VSCO、Instagramなど、デバイスで使用可能なアプリを選択します。アプリが起動し、編集を開始できます。

別のアプリで開くには、共有アイコンをタップし、「開く」または「編集」を選択した後、画像を選択し、アプリを選ぶ

デスクトップおよびweb上の同期された写真にアクセスする

Creative Cloudフォトプランのサブスクリプション、または体験版を使用している場合は、Lightroomデスクトップ版にアクセスできます。すべてのデバイスにLightroomをインストールすると、どこにいても、同期された写真を表示し、編集することができます。

Lightroomで編集した写真はすべてのデバイスで同期される

アドビのロゴ

アカウントにログイン