Adobe Lightroom CCで、編集の第一歩として、またはスタイリッシュな効果を与えるために、写真にプロファイルを適用します。

学習した内容:Lightroom CCで写真のプロファイルを参照、適用する方法

プロファイルとは

Rawプロファイルによって、RAW写真が画面上でどのように表示されるかが決まります。クリエイティブプロファイルは、スタイリッシュな効果を写真に加えるための近道です。

プロファイルの適用

  • Lightroom CCに新しいRAW写真を追加すると、デフォルトのAdobe Colorプロファイルが自動的に適用されます。Adobe Colorは、被写体に関係なく、ほとんどのRAW写真の編集において、出発点となるように設計されています。
  • 特定の画像に適した別のプロファイルを見つけるには、プロファイルパネルのメニューから「参照」を選択するか、右端のボタンをクリックしてプロファイルブラウザーを開きます。
  • プロファイルブラウザーで任意のプロファイルにカーソルを合わせると、写真上にそのプロファイルのライブプレビューが表示されます。プロファイルブラウザーで目的のプロファイルをクリックして、写真に適用します。
  • プロファイルブラウザーで別のプロファイルをクリックすれば、いつでも写真を別のプロファイルに切り替えることができます。プロファイルを適用しても、設定済みの編集コントロールが変更されることはありません。

RAW写真用のプロファイル

写真に最適なプロファイルは、被写体と最終的に目指している外観の両方によって決まります。景色を撮影した写真の場合、青やアースカラーを際立たせるAdobe風景がお勧めです。ポートレート写真には、肌の色のコントラストや彩度を下げるAdobe人物が適しています。

RAW写真をモノクロ表示するには、Adobeモノクロプロファイルを使用するか、白黒グループのクリエイティブプロファイルのいずれかを試してください。

RAW および非 RAW 写真用のクリエイティブプロファイル

クリエイティブプロファイルは、RAW写真にも、JPEGやTIFFなど任意の非RAW写真にも使用できます。クリエイティブプロファイルは、プロファイルブラウザーでアーティスティック、白黒、モダン、ビンテージの4つに分類されています。

  • クリエイティブプロファイルを選択すると、上部に適用量スライダーが表示されます。適用量スライダーを使用して、効果の度合いを調整します。

 

次: 明るさの調整

 

10/07/2019

プレゼンター:Jesus Ramirez

フォトグラファー:Cody York Photography

このページは役に立ちましたか。