Adobe Photoshop Lightroomの円形グラデーションツールを使用して、写真に独自のビネット効果を適用します。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:円形グラデーションツールを使用して写真のビネット効果をカスタマイズする

写真の周辺光量の補正は、被写体を注目させるとても効果的な方法です。ほとんどの場合、編集パネルの周辺光量スライダーを使用するだけで、四隅を暗くまたは明るくぼかし、中央に注意を引きつけることができます。しかし、中央にない被写体に注意を引きつけたり、周辺光量に別の効果を加えたりする場合は、円形グラデーションツールを使用して独自のビネット効果を作成しましょう。

円形グラデーションの外側に効果を適用する

  1. 右側のパネルにあるアイコンをクリックするかRキーを押して、円形グラデーションツールを選択します。
  2. 写真の中心点をドラッグします。この中心点は写真の中央でなくても構いません。円形グラデーションはどこにでも設定できます。
  3. 補正をグラデーションの外側に設定するため、円形グラデーションツールパネルの「反転」チェックボックスをオンになっていることを確認します。
  4. 円形グラデーションパネルのスライダーをドラッグして補正します。露光量スライダーをドラッグして周辺光量を下げて暗くするまたは上げて明るくするほか、彩度、シャープ、カラー補正などの補正も、中心点に注意を引きつけるのに効果的です。

グラデーションの内側を明るくする別の円形グラデーションを追加して、被写体をさらに強調する方法もあります。

04/05/2021

Adobe Stock提供元:LIGHTFIELD STUDIOS

プレゼンター:Jesus Ramirez

このページは役に立ちましたか。