※ 本記事は「デジタルカメラ・マガジン」2020年11月号(発行:株式会社インプレス)の特集記事を抜粋したものです
写真・文 ● 大和田 良

 

写真画像の処理において、「トーンカーブ」による階調補正は、必須の技術だ。ホワイトバランスや基本補正と同様に、トーンカーブの使い方を覚えることはRAW現像と画像処理の基本となる。Lightroomに限らず、他のRAW現像ソフトにおいても階調補正の中心的なツールと位置付けられている。ポイントが結ぶ線の形状によって効果が一目で分かるため、各パラメーターを数値で調整する以上に直感的な処理が可能になる。基本補正と組み合わせることで、階調やコントラストなどさまざまな調整に応用可能だ。通常のトーンカーブはRGBすべての値に影響し、全体のトーンを補正するが、RGBそれぞれのチャンネルに個別のトーンカーブを設定することもできる。この場合色合いに変化が表れるため、色の偏りを修正したり、任意の色再現を行えるため、階調の他に色の微調整にも使われる。

 

カーブの形状によって直感的に明るさやコントラストを調整

パラメトリックカーブ

階調を4つの領域に分割し、各階調域に対してそれぞれ補正を行うことができる。トーンカーブのグラフ下側には分割コントロールが配置されており、それぞれの位置を調整することで、各領域の範囲を任意に設定することで可能だ。各スライダーでは、プラス側に補正することで明るく、マイナス側では暗く調整される。ポイントカーブに対してさらに効果を上乗せすることができるため、2つのトーンカーブを用いてより複雑な補正を適用することもできる。

ポイントカーブ

2つの点で結ばれたリニアな直線をデフォルト状態とし、任意にコントロールポイントを足すことで、自由にカーブの形状を決定することができる。弓なりに上げれば中間調を中心に明るく、逆に下げれば暗くなる。また、明るい部分と暗い部分にそれぞれコントロールポイントを設定してS字の形状にすることで、コントラストを強められる。パラメトリックカーブに比べて自由度が高く、階調を部分的に反転させるなどの特殊な効果を反映させることもできる。

活用例1

S字カーブでコントラストを高める

ポイントカーブで2つのコントロールポイントを加えてS字状のカーブを描くことで、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くなり、コントラストを強めることができる。カーブの形状がきつくなるとコントラストはより強まり、ゆるくすることで効果を減少させることが可能だ。また、逆のS字を描くとコントラストが弱まり軟調の画像調整が行える。下の例では影の部分は締まり、光が当たるホースは明るくなることでメリハリが増している。

活用例2

弓なりに持ち上げて中間調を明るくする

トーンカーブの最も基本的な調整方法としては、コントロールポイントを1点足して弓なりに引き上げ、中間調を中心に明るくする使い方が挙げられる。逆に弓なりに下げると暗く補正される。基本補正で全体の階調を決定しておき、最後の仕上げとして画像全体の明るさを微調整したいときなどには、トーンカーブが使いやすい。効果を確認しながら、直感的な作業が可能だ。下の例では全体的に暗い画像が明るく持ち上がっていることが分かる。

HINT

グラフの山をカーブの調整に生かすには?

トーンカーブのグラフ内に表示されるヒストグラムを目安にコントロールポイントの位置を決定すると、最小限のカーブでより効果的に補正を行うことができる。例えば、調整を行いたいモチーフの明るさが該当するグラフの山を見極め、その山を挟むようにポイントを置くことでより効率的なコントラストの調整が可能になる。はじめはターゲット調整ツール(パネル左上の丸いアイコン)を用いて、任意のポイントの画像の明るさとグラフの位置を探ると関係が理解しやすい。

 

桃の質感だけを高める

右側の山は白いシーツの階調であり、中央の山がモチーフとなる桃の階調を示した情報となる。中央の山を挟むようにして2つのコントロールポイントを設定してコントラストを強めることで、桃の質感をより効果的に高められる。

 

白い車の質感を残す

中央の白いキャンピングカーの質感を残すため、ヒストグラム右側の細い山の頂点にポイントを設置してハイライトの情報が変わらないよう固定し、中間調からシャドウにかけて2つのコントロールポイントでコントラストを強めた。

このページは役に立ちましたか。