Adobe Photoshop Lightroom CCの補正ブラシを使用すれば、家族や友人のポートレート写真を見栄えよく仕上げることができます。このチュートリアルでは、ブラシツールを使って写真の様々な部分を補正します。提供されている写真や、お手持ちの写真を使って試してみてください。
portrait-retouching_1000x560

眉を暗くする

眉を補正して、よりくっきりとさせます。

ブラシツールを選択し、ブラシパネルのスライダーでブラシのサイズを調整します。ショートカットキーでも調整できます。キーボードの左角括弧([)キーを押すとブラシのサイズが小さくなり、右角括弧(])キーを押すと大きくなります。ブラシパネルでブラシスライダーの右側にある三角形をクリックすると、ブラシのその他の設定が表示されます。例えば、「ぼかし」の値を上げると、ブラシのエッジに柔らかさが加わります。眉をブラシでなぞり、「露光量」と「黒レベル」を下げて「明瞭度」を上げるなど、設定を調整します。

いろいろな設定を試して、好みの効果を探してみましょう。

サンプルの設定:ブラシサイズ:2.9、ぼかし:100、露光量:-0.30、黒レベル:-7、明瞭度:+11

portrait-retouching_step1

ヒント:オーバーレイの設定を切り替えるには、Oキーを押します。1回クリックすると、青いピンが表示されます。このピンを選択して、編集範囲を調整できます。2回クリックすると、赤いマスクが表示され、補正ブラシでなぞった領域が表示されます。3回クリックすると、オーバーレイが非表示になります。

まつげをシャープにする

まつげをより濃くして、目を際立たせます。

まつげに別の補正を適用する場合は、ブラシパネルで「+」アイコンをクリックして、新しいブラシを作成します。上まつげと下まつげをブラシでなぞり、両方の目を縁取ります。次に、まつげがより濃くシャープになるように調整します。余分な部分にブラシをかけた場合は、ブラシパネルで消しゴムをクリックし、その領域をブラシでなぞって編集を取り消します。

サンプルの設定:ブラシサイズ:1.6、露光量:-0.44、黒レベル:-17

portrait-retouching_step2

虹彩を明るくする

虹彩の色を補正して、目を鮮やかに引き立てます。

「+」アイコンをクリックして、新しいブラシを作成します。前の手順で使った編集スライダーをリセットするには、スライダーのいずれかを右クリックして、「すべてのスライダーをリセット」を選択します。それぞれの虹彩の周りにブラシをかけ、青色を強調するように調整します。

「色温度」や「彩度」のスライダーを調整して、目の色に様々な効果を加えてみましょう。

サンプルの設定:ブラシサイズ:3.0、色温度:+4、露光量:+0.30

portrait-retouching_step3

白目を明るくする

白目を明るくして、虹彩とのコントラストをさらに強調します。

新しいブラシを作成し、白目にブラシをかけます。「露光量」を上げると、自然な印象を保ったまま白目を明るくすることができます。

サンプルの設定:ブラシサイズ:1.7、露光量:+0.40

portrait-retouching_step4

唇の色を濃くする

唇の色をより深い色調で補正します。

新しいブラシを作成し、唇をブラシでなぞります。色調のスライダーを調整して、くっきりとした自然な赤色に仕上げます。

サンプルの設定:ブラシサイズ:2.0、色温度:0、色かぶり補正:+5、露光量:-0.25、彩度:+20

portrait-retouching_step5

仕上げる

既におこなった補正を再編集するには、編集範囲に関連付けられた青いピンをクリックし、必要に応じてスライダーを調節します。画面の下部にある元画像を表示/非表示の切り替えボタンをクリックするか、キーボードの/(スラッシュ)キーを押せば、いつでも変更前と変更後の写真を切り替えて表示できます。

ヒント:ブラシツールや他の選択範囲の編集ツールの使用について詳しくは、選択範囲を編集のチュートリアルを参照してください。

portrait-retouching_step6
07/05/2018
このページは役に立ちましたか。