JPEGではなくRAW形式で撮影するメリットと、ファイルを処理する際の、RAWのクリエイティブな柔軟性について説明します。
デジタル一眼レフカメラの背面パネルでRAWとJPEGの設定が選択されていて、背景に女性が写っている写真

カメラで選択するファイル形式

多くのデジタルカメラでは、写真をJPEGファイルとRAWファイルのどちらで保存するかを選択することができます。この選択は、ファイルを処理する際の選択肢や可能性に大きく影響する場合があります。RAWのメリットは、Adobe Photoshop Lightroomなどのプログラムで写真の編集を始めるとよく理解できます。

RAWファイルとは何か

デジタルカメラで画像が撮影される際、その画像はRAWデータとして記録されます。カメラのフォーマットがJPEGに設定されている場合は、そのRAWデータが処理され、圧縮されてから、JPEG形式で保存されます。

カメラのフォーマットがRAWに設定されている場合、処理は適用されないため、より多くの色調データやカラーデータがファイルに保存されます。ファイルにより多くのデータが保存されることで、JPEGの場合よりも処理の柔軟性が高まります。これは、料理に例えることができます。RAWファイルには、料理を自由に作るための材料が含まれていますが、JPEGは既に調理された料理であるため、修正を加える場合には柔軟性が乏しくなります。

赤い山の風景画像の右半分が、より鮮明なコントラストとカラーで表示されている様子

カメラにより既に処理済の状態であるJPEG

JPEGは、カメラで撮ったままでも悪くない見た目になりますが、カメラの画像処理装置によって既に「現像」されたものとなります。明るさ、コントラスト、彩度、さらにはシャープ調整などの設定が、既に適用されている可能性があります。JPEG画像の見た目は画像編集アプリケーションで変更できますが、ファイルサイズを小さくするために圧縮された形式であるため、多くの色調データやカラーデータが、圧縮プロセスの際に完全に破棄されています。その結果、同じシーンのRAWファイルと比べて、色調値の調整可能範囲が大幅に少ないファイルとなっています。画像によっては、この違いが致命的となる場合があります。

露光補正の選択肢が多くなるRAW

RAWファイルで写真を撮影する主なメリットの1つは、より多くの色調データやカラーデータがファイルに保存されることで、編集の可能性が増えるということです。これは、露光量の変更が必要な場合には特に顕著です。

  • JPEGの場合、ホワイトバランスがカメラによって適用されるため、後工程で修正する際の選択肢が少なくなります。RAWファイルであれば、画像の編集時にホワイトバランスを完全に制御できます。
  • 露光が多すぎることによりハイライト部分で細部がつぶれている場合、JPEGでは修復することができません。RAWファイルの場合、最初はハイライトが完全に白く見えていても、色調を調整することで、ハイライトの細部が見えるように修復できる可能性があります。
  • 露光の足りない、暗い画像についても、同じことが言えます。JPEGでは修復不可能なシャドウの細部を、RAWファイルではうまく修復できることがあります。
  • ノイズ低減についても、JPEGよりRAWファイルのほうが効果的に適用できます。    
ハットをかぶった2人の人物が市街地を歩いている写真。左半分はJPGで、右半分はRAW。RAWのほうがコントラストと色調が鮮明

RAWのほうがクリエイティブかつ柔軟に処理が可能

カメラによって適用されるJPEG処理は、撮影されたままの状態でも見た目が良くなるように設計されていますが、その処理を元に戻すことはできません。一方、RAWファイルはユーザーによって処理されるため、画像の見た目をユーザー自身の判断で修正できます。Lightroomでは、RAWファイルに適用されたすべての修正をいつでも変更できるため、ファイルを柔軟に処理でき、最大限にクリエイティブを発揮することができます。この柔軟性は、露出の失敗を大幅に改善できるという意味も含めて、RAWで撮影することの主なメリットと言えます。

このページは役に立ちましたか。