Adobe Photoshop Lightroomでは、画像の編集や加工などの多彩な機能により、どこでも写真を編集することができます。
異なるカラーバランスで左右に分割表示された湖と山々の写真

Lightroomの直感的な編集ツールでは、画像の明るさやカラーを修正したり、かすみを除去したり、テクスチャやディテールを微調整したり、部分編集によって特定の領域を調整したりすることができます。デスクトップやモバイルのLightroomで写真を編集すると自動的にクラウドで同期され、どのデバイスからでも最新版の画像にアクセスできます。

プリセットを利用する

様々なプリセットを試して、写真にフィルターのようなエフェクトを適用しましょう。プリセット名にマウスポインターを合わせると、そのプリセットによるエフェクトをプレビューできます。クリックすると、そのプリセットが適用されます。 


写真の明るさを調整する

Lightroomのライトパネルでは、写真の光の性質を細かく調整できます。各種のスライダーにより、露光量を変えて全体の明るさを調整したり、コントラストを調整したりできます。また、画像内のシャドウやハイライトだけを調整するスライダーもあります。

カラーを調整する

Lightroomのカラーパネルでは、各種のコントロールを使ってカラーに関する一般的な問題を修正できます。ホワイトバランスのコントロール(色温度スライダーや色かぶり補正スライダーなど)を使って不要な色かぶりを補正したり、色をよりリアルに見せたりすることができます。写真の色がくすんで見える場合は、自然な彩度スライダーや彩度スライダーを使って、より鮮明にすることができます。自然な彩度は繊細な調整ができるため、肌色の補正に適しています。彩度スライダーは、色を強く浮き立たせたい場合に便利です。

テクスチャとディテールの微調整をおこなう

効果パネルとディテールパネルでは、写真にドラマティックなインパクトを加えることができます。テクスチャスライダーと明瞭度スライダーでは、テクスチャの細部の見え方や、画像内のエッジの鮮明度を調整できます。風景写真のかすみは、かすみの除去スライダーで減らすことができます。その後、シャープスライダーで仕上げを調整することができます。

レタッチして部分編集を適用する

ちりや小さい不要なオブジェクトは、Lightroomの修復ブラシツールで除去できます。 

また、ブラシ、線形グラデーション、および円形グラデーションツールを使って部分編集を適用し、画像の一部を編集することもできます。例えば、風景写真の空だけを調整したり、ポートレートの被写体の顔だけを明るくしたりすることができます。 

このページは役に立ちましたか。