注意:

Photoshop Lightroom Classic (旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom のヘルプを表示してください。

強化されたスポット除去ツールを使用して、シンプルな手順で写真の不要な部分を除去します。

強化されたスポット除去ツールについて

Lightroom Classic に搭載されたスポット除去ツールを使用すると、同じ画像の別の範囲からサンプリングすることにより、画像の選択範囲を修復できます。例えば、不要なオブジェクト(人物、頭上の電気配線など)を除去することにより、風景写真をクリーンアップできます。

スポット除去ツールを使用して風景写真から人を消す(Lightroom Classic CC)
風景写真に人が写っています(画像左)。強化されたスポット除去ツールを使用して、シーンからこの人を消すことができます(画像右)。

ビデオチュートリアル:写真に写った不要なものを取り除く

スポット除去ツールの使用

  1. 現像モジュールで、ツールストリップからスポット除去ツールを選択するか、Q キーを押します。

  2. 次のいずれかを選択します。

    修復 選択した領域に、サンプル領域のテクスチャ、照明および陰影を適用します。
    クローン 選択した領域に、サンプル画像領域を複製します。

  3. (オプション)スポット除去ツールのオプション領域で、サイズスライダーをドラッグし、ツールを適用する領域のサイズを指定します。

    注意:

    上/下にスクロールすると、ツールの半径を大きく/小さくすることができます。あるいは、キーボードの括弧キーを使用すると、ブラシサイズを変更できます。

    • 左括弧([)を使用すると、ツールの半径が小さくなります。
    • 右括弧(])を使用すると、ツールの半径が大きくなります。

  4. 写真内で、リタッチする部分をクリックしてドラッグします。

    • 白色マーキー領域は選択範囲を示します。
    • 選択範囲を指す矢印の付いた別の白色マーキー領域はサンプル範囲を示します。
    スポット除去ツールを使用して写真をリタッチする(Lightroom Classic CC)
    画像内でクリーンにする部分(この場合、人物)を特定し、スポット除去ツールを使用して該当する範囲をペイントします。ピン(画像右)を使用して選択範囲またはサンプル範囲の位置を変更します。

  5. (オプション)初期設定で選択されているサンプル範囲を変更するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 自動 選択範囲のハンドルをクリックして、スラッシュキー(/)を押します。新しい範囲がサンプルされます。最適なサンプル範囲が見つかるまでスラッシュキーを押します。
    • 手動 サンプル範囲のハンドルを使用してドラッグし、新しい範囲を選択します。

    注意:

    長いストロークで画像の広い部分を選択した場合、適切なサンプル範囲の一致はすぐに見つかりません。さまざまなオプションを試すには、スラッシュ(/)をクリックすると、ツールでさらに多くの範囲を自動的にサンプルできます。

  6. スポット除去ツールを使用して実行した調整をすべて削除するには、ツールストリップの下のリセットボタンをクリックします。

キーボードショートカットと修飾キー

丸いスポット:

  • シングルクリックにより丸いスポットを作成すると、自動でソースが見つかります。
  • Control/Command キーを押しながらクリックして、丸いスポットを作成します。ドラッグしてスポットのソースを設定します。
  • Control/Command + Option/Alt キーを押しながらクリックして、丸いスポットを作成します。ドラッグしてスポットのサイズを設定します。

選択範囲またはスポットの削除:

  • ピンを選択し、Delete キーを押してその調整を削除します。
  • Option/Alt キーを押し、スポットをクリックすると、削除されます。
  • Option/Alt キーを押し、マウスをドラッグしてマーキーを描くと、マーキー内のスポットが自動で削除されます。

スポットを可視化機能で写真をクリーンアップ

フル解像度で写真をプリントすると、コンピューターの画面では見えなかった多数の不具合がプリント出力に現れる場合があります。これらの不具合には、カメラセンサーに付いた埃、ポートレイトで撮影したモデルの皮膚の傷、青空にたなびく小さい雲など、多数の種類があります。フル解像度では、これらの不具合は視覚的に目立つ場合があります。

スポットを可視化機能を使用すれば、プリントする前にこれらの不具合を確認して修正できます。

スポット除去ツールを選択する場合、スポットを可視化オプションとスライダーが画像の下で利用できます。スポットを可視化オプションを選択すると、画像が反転し、不具合がより明瞭に見えます。スライダーを使用してコントラストレベルを変化させて、細部を拡大・縮小して不具合を探すことができます。次に、スポット除去ツールを使用して注意をそらすような要素を削除します。

  1. ツールストリップからスポット除去ツールを選択し、ツールバーから「スポットを可視化」チェックボックスをオンにします。

    画像が反転し、画像の要素のアウトラインが表示されます。

    Lightroom Classic CC でのスポット除去ツールを選択した場合の「スポットを可視化」オプションの使用
    スポットを可視化オプションをオフ(左)にします。スポットを可視化オプションを選択(右)すると、スポット除去ツールを使用してクリーンアップの詳細が利用可能になります。例えば、写真の帽子にある一片のほこりがこの表示でより明瞭に見えます。

  2. スポットを可視化スライダーを使用して、反転画像のコントラストのしきい値を変更します。スライダーのコントラストレベルを変更して、ダスト、ドット、またはその他の不要なエレメントなどの不具合を表示します。

  3. スポット除去ツールを使用して写真のエレメントをクリーンアップします。結果の画像を確認するには、「スポットを可視化」チェックボックスをオフにします。

  4. 満足するまで手順 2 と 3 を繰り返します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー