Lightroom Classic の 2019 年リリースでの新機能の詳細
Lr_Classic_CC_logo

Lightroom Classic の 2018 年 12 月(バージョン 8.1)および 2018 年 10 月(バージョン 8.0)のリリースは、デジタル画像処理のエクスペリエンスを強化するさまざまな新機能と機能強化を提供しています。これらの機能の簡単な説明と、詳細情報が記載されたリソースへのリンクを参照してください。


注意:

  • 新しい自動アップデート機能では、新しいバージョンが利用可能になったときに、Creative Cloud アプリが自動的にアップグレードされるようになりました。Lightroom Classic では、コンピューターで 2 つのバージョンのアプリを同時に実行することはできません。既存のアプリの環境設定と設定は、最新のバージョンに移行されます。Creative Cloud デスクトップアプリを使用して、更新の環境設定を管理できます。 さらに詳しく.
  • IT 管理者がエンタープライズ版のシリアル番号を使用して、Lightroom Classic の以前のインストールをライセンス認証および導入した場合は、Lightroom Classic の最新バージョンにアップデートするべきではありません。以前のバージョンに戻して、アクセスを再度有効にする方法について詳しくは、ここ をクリックしてください。

Lightroom Classic CC 8.1(2018 年 12 月リリース)

このリリースの Lightroom Classic では、現像パネルのカスタマイズ、自動読み込み設定の「コレクションに追加」オプション、ブックモジュールの「グリッドスナップ」オプションなどの新機能や機能強化、他の機能強化、新しいカメラおよびレンズのサポート、およびバグの修正が盛り込まれています。

現像パネルの順序のカスタマイズ

このリリースから、現像モジュールパネルを表示したい順番にドラッグできるようになりました。

現像パネルメニューをカスタマイズするには、次の手順を実行します。

  1. 任意のパネルのヘッダーを右クリック(Win)/Control キーを押しながらクリック(Mac)します。
  2. 表示されるコンテキストメニューから、「現像パネルのカスタマイズ」を選択します。
  3. 表示される現像パネルのカスタマイズダイアログボックスで、目的の順序にパネル名をドラッグします。
  4. 保存」をクリックします。 初期設定の順序に戻すには、「保存」の前に、「初期設定の順序」をクリックします。
  5. Lightroom Classic を再起動して、表示される確認ダイアログで現像パネルの新しい順序を確認します。
現像パネルのカスタマイズ
Lightroom Classic での現像モジュールパネルのカスタマイズ

詳しくは、現像パネルの順序のカスタマイズを参照してください。

自動読み込みを使用した監視フォルダーからコレクションに写真を追加

自動読み込み設定で、「コレクションに追加」オプションを使用して、監視フォルダーから指定したコレクションに写真を直接読み込みできるようになりました。

自動読み込み機能は、監視フォルダーの写真を監視し、保存先として設定したコレクションに自動的に読み込みます。監視フォルダーを設定して、自動読み込み設定で保存先コレクションを指定した後は、写真を監視フォルダーにドラッグするだけです。Lightroom Classic は、指定されたコレクションに写真を自動的に読み込むため、読み込みウィンドウでの作業を省略できます。

監視フォルダーからコレクションに写真を追加するには、次の手順を実行します。

  1. ファイル/自動読み込み/自動読み込み設定に移動します。
  2. 自動読み込み設定ダイアログボックスで、監視フォルダーを設定して、「自動読み込みを有効にする」オプションを選択します。
  3. ダイアログボックスの「保存先」領域で、「コレクションに追加」チェックボックスを選択します。Lightroom Classic に、すべてのコレクションのリストが表示されます。
  4. 自動読み込みの保存先として、任意のコレクションを選択します。 
  5. 必要に応じて、「コレクションを作成」をクリックして、新しいコレクションを作成し、読み込みの保存先として選択することもできます。
  6. OK」をクリックします。
自動読み込み時にコレクションに追加
自動読み込み時にコレクションに追加

テザリング時の写真の読み込みについて詳しくは、写真の自動読み込みを参照してください。

グリッドスナップガイドを使用したブックレイアウトの写真の整列

ガイド」セクションの「グリッドスナップ」オプションを使用して、ブックレイアウトの写真を簡単に整列できるようになりました。「グリッドスナップ」で、「セル」を選択して 2 枚の写真のセルを整列するか、「グリッド」を選択してグリッドのガイドラインに沿って写真を整列します。.

写真を移動すると、選択した設定に基づいて配置されます。初期設定では、「グリッドスナップ」オプションは「セル」に設定されています。

grid-snap_2

詳しくは、フォトブックの作成を参照してください。

プリセットの複製処理

このリリースの Lightroom Classic では、同じグループで同じ名前の重複プリセットを作成しようとすると、プリセット名を複製ダイアログボックスが開き、次のオプションが表示されます。

  • 置き換え - このオプションを選択すると、グループで同じ名前がある場合、最新のプリセットのみが保持されます。
  • 複製 - このオプションを選択すると、グループで同じ名前がある場合、2 つのプリセットが同じ名前で保持されます。
  • 名前変更 - このオプションを選択すると、初期設定で名前に数値の拡張子を追加するか、名前を変更することができます。
Lightroom Classic での重複プリセットの処理
Lightroom Classic での重複プリセットの処理

現像プリセットの使用について詳しくは、現像プリセットの使用を参照してください。

一部互換性のあるプリセットを表示

現像モジュールのルーペ表示で写真を開くと、現在の写真に適用されないカメラプロファイルや、RAW ファイルにのみ適用されるプリセットなど、選択した写真との互換性がないために、プリセットパネルに表示されない場合があります。互換性のないプリセットは、「現像」のプリセットパネルにフェード状態の斜体スタイルで表示されます。

すべてのプリセットを、現在の写真と互換性がない場合でも表示するには、次の手順を実行します。

  1. ルーペ表示で写真を開き、「編集」をクリックします。
  2. ドロップダウンメニューから、「環境設定」を選択します。
  3. 環境設定パネルで、「プリセット」を選択します。
  4. 表示/非表示」セクションで、「一部互換性のある現像プリセットを表示」を選択または選択解除して、一部互換性のある現像プリセットの表示/非表示を切り替えます。
Lightroom Classic での一部互換性のあるプリセットの表示
「一部互換性のある現像プリセットを表示」チェックボックスをオンにして、すべてのプリセットを表示

現像プリセットの使用について詳しくは、現像プリセットの使用を参照してください。

「写真を結合」の機能強化

  • 写真を結合:以前のバージョンで結合エラーの原因となっていた結合操作の要件が緩和されました。これにより、寸法、焦点距離、方向が異なる画像を結合できるようになりました。
  • 「写真を結合」のプレビューのキャッシュ:Lightroom Classic では、「写真を結合」操作用に生成されたプレビューがキャッシュされるようになりました。これにより、パフォーマンスとユーザーエクスペリエンスが向上します。
  • シングルステップの HDR パノラマ結合:スマートプレビューを使用して、シングルステップのパノラマ HDR 結合を実行できるようになりました。

結合操作について詳しくは、パノラマおよび HDR パノラマの作成を参照してください。

パフォーマンスの強化

  • 同期の信頼性と安定性が向上しました。
  • 読み込み、プレビュー生成、DNG 変換、書き出しなど、バッチ操作をおこなう間のパフォーマンスが向上しました。
  • Hi-DPI ディスプレイでのグリッドのスクロールパフォーマンスが向上しました。
  • 現像ルーペとライブラリルーペの切り替え時のパフォーマンスが向上しました。

その他の拡張機能

  • 終了時のキャンセル:このリリースから、終了時に確認ダイアログが表示され、Lightroom Classic の終了をキャンセルできるようになりました。確認ダイアログから「次回から表示しない」チェックボックスを選択した場合、警告ダイアログを初期化(環境設定/一般 /すべての警告ダイアログを初期化)して、終了時に確認ダイアログをもう一度表示する必要があります。
Lightroom Classic からの終了時のキャンセル確認
Lightroom Classic からの終了時のキャンセル確認
  • フォルダーのカラーラベル:オフラインフォルダー用のカラーラベルに関するサポートが追加されました。詳しくは、フォルダーの作成と管理を参照してください。
  • Photoshop Elements 2019 カタログのサポート:Lightroom Classic での Photoshop Elements 2019 カタログの読み込みに関するサポートが追加されました。詳しくは、Photoshop Elements からの写真の読み込みを参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

サポートされているカメラとレンズプロファイルの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

Lightroom Classic CC 8.0(2018 年 10 月リリース)

奥行き範囲マスク

このリリースより、新しい範囲マスクオプションが部分補正ツールに追加されます。深度マップデータが埋め込まれた対応 HEIC 写真内の深度値の範囲に基づいて選択します。

奥行き範囲マスクを使用して部分補正をおこなう
選択的な調整を適用するために前景のオブジェクト上に(深度データに基づいて)作成された奥行きマスクを示す実例。

奥行き範囲マスクを使用すると、補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して写真上に初期選択マスクを作成した後、選択範囲の奥行き範囲に基づいてマスク領域を微調整することができます。

  1. 補正パネル内のブラシ設定領域で、「範囲マスク」タイプとしてドロップダウンリストから「深度」を選択します。デフォルトでは、範囲マスクは「オフ」に設定されています。
  2. マスク領域の奥行き範囲をサンプリングするには、次のいずれかの操作をおこないます。
    1. 範囲スライダーを調整して、選択した奥行き範囲の端点を定義します。
    2. 奥行き範囲パネルから奥行き範囲セレクターを選択します。補正する写真の領域を、クリックしながらドラッグします。
  3. 奥行きマスクを表示」チェックボックスを選択して、画像の深度を白黒で表示します。さらに、滑らかさスライダーを使用して、選択した奥行き範囲の両端のフォールオフを調整します。

マスク領域を微調整した後は、効果ポップアップメニューから選択的な調整を適用して、正確な写真編集をおこないます。

他のヘルプ情報については、奥行き範囲マスクを参照してください。

シングルステップ HDR パノラマ結合

複数のブラケット済み露光量を複数の HDR 写真に結合した後、それらを 1 枚のパノラマ写真に合成できるので、HDR パノラマ写真を短時間で作成できます。すべての処理がワンステップでおこなわれます。

露光量がブラケットされた元のパノラマ写真をグリッドで選択し、写真/写真を結合/HDR パノラマを選択するだけです。HDR パノラマ統合プレビューダイアログボックスでは、境界線ワープスライダー、「自動切り抜き」チェックボックスおよび「スタックを作成」チェックボックスを使用して、他の設定を調整することができます。

HDR パノラマをシングルステップで結合する

詳しくは、パノラマおよび HDR パノラマの作成を参照してください。

Canon のカメラのテザリングの高速化

サポートされている Canon のカメラ機種を Lightroom Classic にテザリングしたときの処理速度と安定性が高まりました。 

Canon のカメラ機種のテザリングの高速化
  1. サポートされている Canon のカメラをご使用のコンピューターに接続し、ファイル/テザー撮影 (Canon)/テザー撮影を開始を選択します。
  2. テザー撮影の設定ダイアログボックスで、「セッション」、「名前」、「保存先」、「情報」、「自動切り替えを無効にする」および「カメラにコピーを保存」を使用して、写真の読み込み方法を指定します。
  3. OK」をクリックして、写真の撮影セッションを開始します。
  4. 浮動のテザー撮影バーを使用して、カメラコントロールと現像設定を調整します。 

詳しくは、テザーカメラからの写真の読み込みを参照してください。

また、次の Canon のカメラ機種のテザーサポートにもこのリリースから対応しています。

  • Canon EOS 2000D(Rebel T7)
  • Canon EOS M50

Lightroom Classic でテザー撮影可能なカメラについては、テザーカメラサポートを参照してください。

処理バージョンを改善

処理バージョン 5 の更新により、Lightroom Classic の RAW 画像処理が更新され、ISO 値の高い RAW ファイルの画質が向上しました。これにより、低照度で撮影された写真の紫色の色かぶりが低減され、かすみの除去スライダーを 0 の左側(ネガティブかすみ除去)に移動するときのノイズが減少します。

Lightroom Classic で処理バージョンを確認するには、現像モジュールに切り替えます。キャリブレーションパネルで、「処理」ドロップダウンリストを選択して、使用可能なバージョンのリストを表示します。

詳しくは、処理バージョンを参照してください。

HEVC ファイルのサポート(macOS)

このリリース以降の Lightroom Classic は、macOS High Sierra v10.13 以降の Apple の HEVC ビデオ形式(High Efficiency Video Coding。別名 H.265)をサポートします。

新しいカメラとレンズのサポート

サポートされているカメラとレンズプロファイルの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。