Photoshop ElementsからCreative Cloudフォトプランに写真を移行し、Lightroom Classic CCとAdobe Photoshop CCのパワフルな整理/編集機能を使用する方法について説明します。
LR-pse-to-ccpp_1408x792

フォトグラファーのためのトータルソリューション

Photoshop Elementsから、Lightroom Classic CCとPhotoshopに移行すると、写真編集のテクニックが飛躍的に向上するのが実感できます。

Photoshop Elementsのカタログを数クリックでLightroom Classic CCに読み込むことができます。Lightroom Classic CCのユーザーフレンドリーな環境で写真を整理、修正したり、Photoshopに切り替えて、複数の画像やオブジェクトを合成させるなど、より詳細な編集をおこなうことができます。

Creative CloudフォトプランにはLightroom Classic CCとPhotoshopの両方が含まれており、どこからでも写真を編集、整理、アクセスするためのすべての機能が用意されています。

 

intro

デスクトップにLightroom Classic CCをインストールする

お持ちのAdobe IDでログイン(お持ちでない場合は新規登録)して、Creative Cloudフォトプランの無料体験版または有料のメンバーシップを開始します。

その後、コンピューターにLightroom Classic CCをインストールします。 

step-1

Photoshop ElementsからLightroom Classic CCに読み込む

Photoshop Elementsを利用していてLightroom Classic CCに切り替える場合は、Photoshop ElementsのカタログをLightroom Classic CCに直接読み込むことができます。

Lightroom Classic CCで「ファイル/Photoshop Elementsカタログを読み込み」を選択します。

step-2a

追加するElementsカタログを選択し、「読み込み」をクリックします。

注意:Photoshop ElementsのカタログをLightroom Classic CCに読み込んでも、Photoshop Elementsのカタログには影響しません。Photoshop Elementsを開くと、カタログと写真はそのまま残っています。

step-2b

Lightroom Classic CCで写真を整理する

Photoshop Elementsカタログから読み込んだ写真は、Photoshop Elementsでおこなった編集や、星のレーティング、キーワードタグなどの情報を保持しています。Photoshop Elementsで作成したアルバムは、Lightroom Classic CCのコレクションとして表示されます。

Lightroom Classic CCのライブラリモジュールで、フラグ、カラーラベル、レーティング、キーワード、コレクションを適用して写真を整理できます。

step-3

Lightroom Classic CCで写真を編集する

Lightroom Classic CCで写真を整理した後は、現像モジュールでカラーの編集、カメラレンズによる歪みの修正、HDR結合、画像の角度補正など、様々な作業を元の写真を保持したままおこなえます。

step-4

Photoshopでより高度な編集をおこなう

Photoshop CCでより高度な画像編集が必要な場合、Lightroom Classic CCから直接開くことができます。
Lightroom Classic CCで写真を選択します。写真/他のツールで編集/Adobe Photoshop CC 2018で編集を選択します。Photoshopには、オブジェクトの削除、クリエイティブなぼかし効果、遠近感の補正など様々な機能があります。編集した写真をPhotoshopに保存すると、Lightroom Classic CCでも変更後の写真が表示されます。 

注意:お使いのコンピューターにPhotoshop CCがインストールされていることを確認してください。

step-5
09/06/2019
このページは役に立ちましたか。