Adobe Photoshop Lightroom Classic CCで周辺光量を補正することで、写真の被写体を目立たせることができます。
enhance-photo-vignette-effects_1000x560

ファイル/写真とビデオを読み込みを選択してサンプル写真を追加するか、自分で用意した写真を使用します。現像モジュールで円形フィルターを使用すれば、被写体が写真の中央になくても周辺光量を補正できます。その方法をご覧ください。

enhance-photo-vignette-effects_step1

円形フィルターをクリックし、ドラッグして被写体を楕円形で囲みます。このフィルターを適切な位置にドラッグします。スライダーを使って調整すると、楕円形の外側にあるものすべてに効果が適用されます。

enhance-photo-vignette-effects_step2

露光量、明瞭度、彩度のスライダーを使い、写真の被写体に最適な周辺光量補正を試してみましょう。

enhance-photo-vignette-effects_step3

以上が、円形フィルターを使用して見る人の目を写真の被写体に引きつける方法です。

enhance-photo-vignette-effects_step4_BEFORE enhance-photo-vignette-effects_step4_AFTER

これで、周辺光量補正を使って写真の被写体を目立たせることができるようになりました。

09/06/2019

Adobe Stock提供元: alinakho

このページは役に立ちましたか。