写真をLightroom Classicに読み込んで、編集、整理、共有する方法を学びましょう。
コンピューター、数冊の本、およびカメラがデスクの上にあり、コンピューターの画面には、黄色とオレンジ色のバラの鮮やかなカラー写真が表示されている画像

写真の読み込みを開始する

コンピューターでLightroom Classicを開きます。ライブラリモジュールで「読み込み...」ボタンをクリックして、読み込みウィンドウを開きます。

注意:カメラのメモリカードをコンピューターに挿し込むと、読み込みダイアログが表示されるように設定できます。

Lightroom Classicインターフェイスのライブラリモジュールで「読み込み」ボタンがハイライト表示されている

読み込み設定を選択する

コンピューター、外部ハードドライブ、またはカメラから直接Lightroom Classicカタログに読み込むことができます。

コンピューターまたはハードドライブから読み込む

  • ソースパネルで、読み込む写真のハードドライブとフォルダーを選択します。写真が表示されない場合は、「サブフォルダーを含める」がオンになっていることを確認してください。
  • 読み込みウィンドウの上部、中央にある「追加」をクリックして読み込みます。新しい場所に写真を移動する必要はありません。
  • 写真のサムネールの左上隅にあるチェックボックスをオフにすると、読み込みの対象から外すことができます。
  • 右側のパネルでは、さらに詳細な読み込み設定を選択できます。
Lightroom Classicの読み込みウィンドウでオーバーレイがハイライト表示され、ハードドライブ上の場所から写真を読み込むために必要な2つの手順を示している

カメラから読み込む

  • ソースパネルで、読み込み元のカメラのメモリカードを選択します。読み込みの終了時にコンピューターからカードを取り出すには、「読み込み後に取り出し」をオンにします。
  • 読み込みのウィンドウ上部で、「コピー」をクリックします(メモリカードから読み込む場合は、既に選択されている場合があります)。「追加」および「移動」オプションは、カメラまたはカメラのメモリカードからの読み込み時には使用できません。
  • 読み込みの対象から外すには、サムネールのチェックボックスをクリックしてオフにします。
  • 保存先パネルを使用して、読み込んだ写真を整理(日付順、1つのフォルダーにまとめる、またはサブフォルダー別に分類)し、保存先に指定するフォルダーの構成を確認します。右側のその他のパネルで、他の読み込みオプションを設定します。
Lightroom Classicの読み込みウィンドウで、メモリカードから写真を読み込む方法と、読み込んだ写真の保存先フォルダーを設定する方法がハイライト表示されている

写真を読み込む

読み込みウィンドウの右下隅にある「読み込み」ボタンをクリックして、読み込みの処理を開始します。自動的にライブラリモジュールに切り替わり、読み込んだ写真が表示されます。

Lightroom Classicの読み込みウィンドウで「読み込み」ボタンがハイライト表示されている

写真を編集し、整理する

読み込まれた写真は、左側のカタログパネルの「前回の読み込み」コレクションに表示されます。フォルダーパネルを開いて、ハードドライブ上のどのフォルダーに写真が保存されているかを確認することもできます。

Lightroom Classicのライブラリモジュールで「前回の読み込み」が表示され、読み込まれた写真が表示されている
06/28/2021

プレゼンター&フォトグラファー:Seán Duggan

このページは役に立ちましたか。