Adobe Lightroom ClassicとAdobe Photoshopを使用すると、新しいプリセットフィルターを作成して、思い描いたとおりに画像を変換できます。

撮影した写真からRAW画像を見つける

Lightroom Classicでは、修正するRAW画像のグループを探して選択します。

photo-editing-skills-for-resume-step1

新しいフィルターを作成する

必要に応じて既存のフィルターを使用できます。自動同期が有効になっていることを確認してから、プリセットパネルで最適なフィルターを見つけます。このフィルターを選択したすべての画像に簡単に適用できます。

photo-editing-skills-for-resume-step2

フィルターをカスタマイズする

右側のパネルに移動してプリセットフィルターをカスタマイズします。次に、プリセットパネルで更新するか、新規作成します。 

photo-editing-skills-for-resume-step3

Photoshopで非破壊の編集をおこなう

Photoshopで画像を開き、新しいレイヤーを作成してさらに微調整します。これにより、元のファイルは変更されないため、いつでも元に戻せます。

photo-editing-skills-for-resume-step4

保存と書き出し

画像を.psdとして保存し、さらに編集オプションを使用するか、クライアントに提供するために必要な形式で書き出します。

photo-editing-skills-for-resume-step5

完成

写真が完成し、新しく作成したプリセットフィルターは、今後も利益を生み出すプロジェクトに活用できます。    

photo-editing-skills-for-resume-step6
10/15/2019
このページは役に立ちましたか。