Adobe Lightroom Classicを使用して写真の編集や補正をおこない、より良く仕上げるすばらしい方法を紹介します。

鮮やかな黄色とオレンジ色に紅葉した湖畔の木々が静かな水面に映る、美しい秋の風景

写真に磨きをかけるためのパワフルなツール

Lightroom Classicの現像モジュールを初めて使う場合、まずは「自動補正」ボタンをクリックすることをお勧めします。これにより、露出やカラーに起こりがちな問題を修正するために写真が分析され、インテリジェントな色調補正が適用されます。

Lightroom Classicで画像の自動補正が適用される前(左)と後(右)の、同じ風景写真の2つのバージョン

カスタム露出調整を適用

現像モジュールの「基本補正」タブでは、階調を整える基本的なコントロールを使用し、写真をより良く仕上げることができます。画像が露光不足(暗すぎる)または、露光過多(明るすぎる)の場合は露光量スライダーで露光量を調節して、画像全体の明るさを整えます。

  • 写真が暗すぎる場合は、露光量スライダーを右にドラッグして明るくします。
  • 明るすぎる場合は、露光量スライダーを左にドラッグして明るさを抑えます。

ハイライトスライダーとシャドウスライダーを使ってさらに細かく調整します。

現像モジュールの「基本補正」タブで露光量スライダーを使って、風景画像の明るさを調整する

くすんだ写真を鮮やかに

カメラで撮影したままの写真は、平坦で、くすんで見えることがあります。そのようなときは、ここで紹介するLightroom Classicのテクニックをお試しください。くすんだ写真にメリハリがつきます。

  • コントラストスライダーを少し右にドラッグし、全体にコントラストを高くします。
  • 明瞭度スライダーを右にドラッグし、中間調にパンチを加えます。
  • コントラストや明瞭度を調整しても、まだ、一番暗い色の締まりが悪い場合は、黒レベルスライダーを左にドラッグすることでコントラストをさらに高めて、シャドウ部分をよりしっかりと引き締めることができます。
現像モジュールに、コントラスト、黒レベル、および明瞭度の各スライダーで変更を加える前(左)と後(右)の花の写真が表示されている

ポップなカラーに

写真の色がくすんでいるか、薄すぎる場合は、自然な彩度スライダーまたは彩度スライダーを使って色を引き出すことができます。

彩度スライダーを右にドラッグすると、写真のすべての色の彩度が高くなります。これでは強すぎると感じる場合は、代わりに自然な彩度スライダーを使用します。自然な彩度は、彩度の高い色よりも、彩度の低い色をターゲットにします。

彩度レベルの調整により写真の色がどのように補正されるかを示す、キャンプファイアの画像の調整前後のバージョン

カラーバランスを調整

撮影時のライティング条件によっては、カメラの自動ホワイトバランス機能が正常に働かず、写真に色かぶりが生じることがあります。この場合は、Lightroom Classicのホワイトバランスコントロールを使って、実際の色に近づけましょう。

ホワイトバランス(WB)のプリセットから選択するか、色温度スライダーまたは色かぶり補正スライダーをドラッグして自然なカラーバランスに整えます。

ホワイトバランスレベルで色が大幅に補正されていることを示す、家族の写真の調整前後のバージョン

一連の写真に同じ調整を適用

同じ条件で撮影したすべての写真に同じ調整を適用すれば、編集時間を短縮できます。

まず、コンピューターでLightroom Classicを使って1枚の写真を調整します。次に、フィルムストリップから他の写真もあわせて選択し、「同期...」ボタンをクリックします。同期する設定項目を選択して、「同期」をクリックし、同じ設定を複数の写真に同時に適用します。

フィルムストリップで 1 枚の写真を選択した状態で「前の設定」ボタンをクリックすると、最後に開いた写真におこなった設定を、現在の写真にも適用することができます。

Lightroom Classicをフォトグラフィの一環として組み込むことで、撮影直後の完璧ではない写真でも、このような基本的な調整で改善、向上させることができます。

Lightroom Classicの現像モジュールで、写真のサムネールがいくつか選択され、「同期」ボタンで現像設定が同期される様子

「設定を同期」ダイアログで、様々な現像設定が表示されている。複数の写真の同期で利用可能

写真を結合してパノラマに

手持ちのカメラでは1枚の写真に収まりきらないような、壮大なシーンを撮影する場合は、パノラマ写真を利用しましょう。一部が重なるよう、複数に分けて景色全体を撮影した後、Lightroom Classicのパノラマ機能を使うと、見事につなぎ合わされて、美しいパノラマ写真が完成します。 

ライブラリモジュールで写真を選択します。次に、写真写真を結合パノラマ...を選択します。パノラマ結合プレビューウィンドウで、結合に使用する投影法を選択します。自動切り抜きをオンにすると、画像の周囲の空白部分が切り抜かれます。境界線ワープスライダーをドラッグして、余白部分がなくなるように、画像を自然に引き延ばすこともできます。満足できる結果が得られたら、「結合」をクリックします。

海岸の風景の4枚の写真をひとつのパノラマ画像に結合するために使う設定を表示したパノラマ結合プレビューダイアログ

インストラクター&フォトグラファー

Seán Duggan

アドビのロゴ

アカウントにログイン