Adobe Photoshop Lightroom Classicの明暗別色補正スライダーを使用して、写真の雰囲気を変えたり、流行の外観にしたりします。
雑誌を手にする男性。葉で覆われた女性の顔が表紙になっています

ファイル/写真とビデオを読み込みを選択してサンプル写真を追加するか、自分で用意した写真を使用します。

明るい領域と暗い領域のコントラストがはっきりしている写真から開始します。 

葉で覆われた女性の顔

現像モジュールで明暗別色補正コントロールを使用し、写真の明部(ハイライト)と暗部(シャドウ)の色を変えて様々な明暗別色補正効果を試してみましょう。

4パターンの女性の顔。ハイライトとシャドウを変えて補正効果の違いを比較しています

ハイライトの色相スライダーを使用して、写真の明部の色を設定します。次に、彩度スライダーを使用して、この色の強さを決定します。

ハイライトの色相と彩度の設定は、シャドウとは別に調整します

シャドウセクションでも同じスライダーを使用して、写真の暗部の色を変更します。

バランススライダーを試して、ハイライトとシャドウのどちらを主要な色にするかを決定します。

シャドウの色相と彩度の設定は、ハイライトとは別に調整します

明暗別色補正が写真に与える効果を確認してください。

葉で覆われた女性の顔の元の写真。 修正後の写真では、ハイライトとシャドウがカラー補正されています

これで、色を変えることにより写真の見た目をカスタマイズできるようになりました。

09/17/2021

フォトグラファー:Caju Gomes

Adobe Stock提供元:n_vinokurov

このページは役に立ちましたか。