Lightroom Classic 10.4 をアップグレードして同期を再度有効にする

Lightroom Classic 10.4 で同期が停止された理由、および互換性のない編集について説明します。

Lightroom Classic 10.4 の起動時に、次のいずれかのメッセージが表示される場合があります。

  • 同期は停止中です - バージョンの競合
  • 互換性のない編集を含む写真を同期中
同期は停止中です

互換性のない編集

画像の同期を続行するには、「アップデートを確認」をクリックし、Lightroom Classic の最新バージョンにアップデートします。

このメッセージが表示されたのはなぜですか?

このメッセージは、Lightroom Classic 10.4 が Adobe Camera Raw のより新しいバージョンで編集された画像をクラウドから同期しようとした場合に表示されます。例えば、Lightroom Desktop 5.0(Camera Raw 14 を使用)から画像を(Camera Raw 13 の)Lightroom Classic 10.4 に同期する場合、Lightroom Classic はバージョンの競合を通知するためにこのメッセージを表示します。

互換性のない編集とはどのようなものですか?

Adobe Camera Raw のより新しいバージョンで行われた編集は、Lightroom Classic 10.4 以前で行われた編集と互換性がありません。例えば、Camera Raw 14 以降での新しいマスク編集は、Camera Raw 13 以前で行われた部分補正編集と互換性がありません。つまり、新しいバージョンの Lightroom(Camera Raw 14)で行われた編集は、Lightroom Classic 10.4(Camera Raw 13)と互換性がありません。

「同期を有効にする」を続行するとどうなりますか?

同期を有効にする」を続行して、互換性のない編集を含んだ画像を Lightroom Classic 10.4 と同期すると、その編集が失われる場合があります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン