周辺光量補正

周辺光量補正

周辺光量補正とは、中心と比較して画像の端の明るさや彩度を低下させることです。これにより、画像の中央が鮮明になり、端の方がぼやけて見えます。

左側の画像は、長方形の端が 100 % 表示されています。周辺光量補正を適用した右側の画像は、中心が 100% 表示され、楕円の縁が白にフェードしています。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合