逆光で暗くなってしまった写真でも、Lightroom CC なら「シャドウ」のスライダーを調整するだけで明るく素敵な写真になります。

1. Lightroom CCで写真を読み込む


Lightroom CCを起動し、写真を読み込みます。
左パネルの上にある[+]ボタンをクリックします。


ファイルを選択するためのダイアログボックスが表示されます。
読み込みたい写真を選択し、[読み込む項目を確認]をクリックします。


ウィンドウに、選択した写真のサムネイルが表示されました。
編集したい写真のサムネイルの左上に、青いチェックマークがついているかを確認します。
チェックマークがついていない場合は、サムネイルの左上をクリックすることで写真が選択され、青いチェックマークがつきます。
(上パネルの[アルバムに追加]→[新規]からアルバムを作成することで、写真の整理、管理が簡単に行えます。)
編集したい写真が選択できたら、右上にある[1枚の写真を追加]ボタンをクリックします。

読み込まれた写真がウィンドウに表示されました。

Lightroom CCで読み込まれた写真は、元の形式のままクラウド上に保存されます。
パソコンやスマートフォンなどすべてのデバイス間で自動的に同期されるので、いつでもすきなときに写真の編集ができます。

2. 明るさを調整する


逆光で暗くなってしまった被写体(人物)を明るくします。
右側にある基本パネルの[編集]→[ライト]→[シャドウ]のスライダーを右にドラッグして調整します。
これで人物が明るくなり表情もわかるようになりました。

スライダーを右にドラッグ(プラス)すると暗くなっている部分が明るくなり、暗くて見えなかった部分が見えるようになります。

左にドラッグ(マイナス)すると、暗かった部分がさらに暗くなり真っ黒に近くなります。

3. 写真を保存する


メニューバーから[ファイル]→[保存先…]をクリックします。


保存ダイアログボックスから、ファイル形式、場所、サイズを指定し、[保存]をクリックします。


 




無償体験版ダウンロード

無償ですべての機能をお試しいただくことができます。

ダウンロードはこちら ›
 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。