東京カメラ部10選によるLightroom、Photoshopを使った画像編集の方法とは。未公開のBefore写真から完成写真までのステップ解説でポイントを紹介します。

フォトグラファーは、どのようにフォトプランを活用しているのか?写真投稿サイト『東京カメラ部』で注目を集めるフォトグラファー・藤原嘉騎さんのLightroom+Photoshopの活用術を特別公開。練習用サンプル素材として、Before画像をダウンロードして、トライしてみましょう。フォトプランを使い始めたきっかけや、撮影機材についても合わせて紹介します。

Creative Cloudフォトプランの最新情報はこちら ›

 

 

手順1/5

Lightroomでカメラプロファイルを選択し、色温度を調整

この写真のテーマは「桃源郷のような幻想的な世界」。最初に思い描いているイメージに近いカメラプロファイル使用し、そこから各パラメーターの調整に入ります。

Lightroomでウィンドウ右上の「現像」を選択します。カメラキャリブレーションパネルプロファイルを「Camera Portrait」に設定し、基本補正パネルで「色温度」を下げて空の青を強調します。

 

手順2/5

色ごとに彩度、色相を調整

空の青、桜のピンク、苔の緑の三色をイメージに近づけるため、HSLパネルでレッド、ブルー、グリーンの「彩度」と「色相」を調整。特にグリーンの色相を思い切りプラスにして、生き生きとした緑を表現します。

 

手順3/5

シャドウ、ハイライトを調整

基本補正パネルトーンカーブパネルのパラメーターで全体の明るさを調整。桜に当たったライトの部分を「白レベル」をプラスすることで明るくしつつも、白飛びしないように「ハイライト」を下げます。

 

手順4/5

明瞭度、コントラストを調整

幻想的な雰囲気に近づけるため、基本補正パネルの「コントラスト」と「明瞭度」を低めに設定します。コントラストと明瞭度を下げたことで眠い写真にならないように、色ごとに色相・彩度を細かく調整してメリハリをつけます。

次の工程でPhotoshopで最後の仕上げをするために、アプリケーションバーの写真/他のツールで編集/Adobe Photoshop CCで編集を選択しておきます。

 

手順5/5

Photoshopで細部を追い込む

覆い焼きツール、焼き込みツールを使用して桜の花びらが明るく見えるよう追い込み、木の幹のディテールも出るように調整します。

さらに同じ画像のレイヤーを作成し、半径4.5pixelぼかし(ガウス)フィルターをかけて不透明度を調整して、全体をふんわりとした雰囲気にします。

世界観を損なう看板は、修復ブラシツールを使用して画面から消します。


藤原嘉騎

2011年10月、屋久島への旅行をきっかけにカメラを購入。肉眼で見る以上の感動を表現できるカメラの魅力に引き込まれる。以降、独学で経験を重ね、自身でしか伝えられない瞬間を求めて撮影を続けている。

藤原さんの作品 ›

 

▼ Lightroom使用環境
使用歴(年):約2年、初めて使ったバージョン:Ver5、OS:Mac OS X El Capitain バージョン10.11.3、ディスプレイ:iMac (21.5-inch, Mid 2011),21.5インチ(対角)LEDバックライトクリアワイドスクリーンTFTディスプレイ, 数百万色対応、解像度:1,920x1,080 ピクセル、モニタキャリブレーション:なし、Lightroom用プラグイン:Dxo FilmPack5、Lightroom用プリセット:Camera Portrait、併用しているソフト:Photoshop CC

▼ Lightroom使用環境
メインカメラ:Canon EOS 6D、よく使用しているレンズ:Canon EF16-35mm F4L IS USM、撮影対象:自然風景、海外風景

 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ