Lightroom Classic CCの境界線ワープスライダーを使用する方法を説明します。これにより、写真内の重要な細部を切り抜く必要がなくなります。

Adobe Photoshop Lightroomは、従来からの機能と操作性はそのままに、Adobe Lightroom Classic CCという名称に変わりました。オンライン連携可能な最新の写真サービスをお探しなら、Lightroom CCもぜひお試しください。

境界線ワープによるパノラマのエッジ作成

境界線ワープを使用する理由

Lightroom Classic CCのパノラママージを使用すると、複数の写真を組み合わせて広角の美しいパノラマ写真を作成できます。ただし、境界線が一直線にならない場合があります。自動切り抜き機能を使用して一直線ではない境界線を直線にすることはできますが、切り抜きは、通常、全体的な写真から重要な細部が失われる可能性があることを意味します。

パノラマ統合の境界線ワープスライダーを使用すると、画像全体を保持することができ、一直線ではない白い境界線の問題を解決できます。

5416-panorama-edges-boundary-warp_intro

マージしてパノラマを作成するための写真を選択する

デスクトップでLightroom Classic CCを起動し、このページで提供されている練習用のファイルまたはパノラマ用に撮影したお手持ちの写真を読み込みます。詳しくは、写真を簡単に読み込むを参照してください。

ライブラリモジュールで、読み込んだサンプル写真(またはお手持ちのパノラマ用のショット)を選択します。写真/写真を結合/パノラマを選択します。 

5416-panorama-edges-boundary-warp_step_1

パノラマオプションを選択する

パノラマ統合プレビューウィンドウが表示され、画像をプレビューし、パノラマオプションを選択できます。サンプル写真の場合は、「球面法」投影オプションを選択します。

このパノラマの境界線は一直線ではなく、エッジの周囲に白い不要な領域があります。

「自動切り抜き」チェックボックスをオンにします。四角形の切り抜きが適用されることで、期待通りの写真が合成されることもありますが、全体の画像のうち残しておきたい部分が切り抜きにより削除されることもあります。

境界線ワープを使う効果を確認するために、「自動切り抜き」チェックボックスをオフにします。

5416-panorama-edges-boundary-warp_step-2

境界線ワープスライダーをドラッグする

パノラマプレビューの周囲の白い境界線が消えるまで、境界線ワープスライダーを右へドラッグします。境界線ワープでは、画像全体を保ちながら、フレームに合わせて画像のエッジが引き伸ばされます。

これで、このパノラマシーンの重要な細部を犠牲にする必要はなくなります。 

「結合」ボタンをクリックして、パノラマを作成します。

詳しくは、「写真を結合してパノラマを作成する」のチュートリアルを参照してください。

5416-panorama-edges-boundary-warp_step-3
06/20/2018

提供元:Ben Willmore

このページは役に立ちましたか。