Lightroom Classic CCのディテールパネルからシャープ設定などを調整し、くっきり鮮やかな写真に仕上げる方法を説明します。

Adobe Photoshop Lightroomは、従来からの機能と操作性はそのままに、Adobe Lightroom Classic CCという名称に変わりました。オンライン連携可能な最新の写真サービスをお探しなら、Lightroom CCもぜひお試しください。

sharpen-photo_1408x792

編集する写真を選択

Lightroom Classic CCで「現像」モジュールをクリックします。

ウィンドウの下部に表示されるフィルムストリップの中から、編集する写真を選択します。フィルムストリップが表示されない場合は、画面の下部にある小さな三角形をクリックしてください。サンプルを使用する場合は「sharpen-blurry-photo.jpg」をダウンロードしてください。

ヒント:Lightroom Classic CCに写真を取り込む方法は、こちらをご覧ください。

sharpen-photo_step-1

ディテールパネルを開く

ワークスペースの右側にディテールパネルが表示されています。ディテールパネルが表示されていない場合は、「ディテール」をクリックして開きます。 

このパネルの設定を使用して、写真のディテールをシャープで鮮やかに仕上げていきます。

sharpen-photo_step-2

シャープ設定の調整

ディテールパネルのシャープのセクションを表示します。このセクションには、画像をシャープにするためのオプションがいくつかあります。

適用量スライダーでは、写真の鮮明度を指定できます。このスライダーを調整することで、写真がくっきり鮮明になります。スライダーを動かして、シャープの度合いを変えてみてください。

サンプルの写真は、適用量が85に設定されています。

sharpen-photo_step-3

シャープ設定の調整(続き)

次の2つのシャープ設定は重要です。

  1. 半径では、写真にシャープを適用する際のディテールの細かさを指定します。半径の値を小さくすると、ディテールの細かいものが多い風景などの写真が美しく仕上がります。静物や人物など、それほどディテールの細かくない写真では、半径の値は大きい方が適しています。サンプルの写真は、半径が1.0に設定されています。
  2. ディテールでは、写真の中でエッジを強調する度合いを指定します。ディテールの値が高いほどテクスチャの輪郭がはっきりし、値が低いほどピンぼけがなくなります。サンプルの写真は、ディテールが25に設定されています。
sharpen-photo_step-4

変更結果のプレビュー

シャープの設定が写真にどのように反映されたかを確認します。ワークスペースの左にあるナビゲーターパネルで「1:1」 オプションをクリックすると、写真が100%のサイズで表示されます。

写真の下には表示オプションのバーが表示されています。下のスクリーンショットで示されているアイコンをクリックすると、適用前と適用後の写真が表示されます。クリックして写真内にドラッグすれば、元の写真とシャープを適用した写真を比較できます。

通常サイズの表示に戻るには、ナビゲーターパネルで「全体」をクリックします。さらにキーボードでDを押すと、写真1枚の表示に戻ります。

sharpen-photo_step-5

様々なエフェクトを試す

写真にシャープを適用することにより、細かいディテールをくっきりと強調したり、ピンぼけを解消したり、写真全体を鮮明にしたりすることができます。

オンラインで共有する写真の準備や制作プロジェクト、ディスプレイ用の印刷にも、ぜひこのテクニックを活かしてください。

ヒント:Lightroom Classic CCから写真を書き出すには、こちらをご覧ください。

sharpen-photo_step-6
06/20/2018
このページは役に立ちましたか。