この文書では、Adobe Photoshop Lightroom Classic CC と Adobe Photoshop および Adobe Photoshop Elements の違いについて説明します。

A. Photoshop Lightroom Classic CC の特色と他製品との違い

Photoshop Lightroom Classic CC は、撮影した大量のデジタル写真をすばやく読み込み、写真を分かりやすく整理して管理したり、思い通りに現像したり、プリントおよび公開処理を行うことができます。ファイルのダウンロード・読み込み・名称変更を行うための自動処理機能や、複数の写真に一括で現像内容や変更を適用する機能も搭載しています。また、Photoshop Lightroom CC と写真を同期して Web やモバイルでも使用することができ、いつでもどこにいても写真を閲覧、現像、共有することが可能です。

Photoshop Lightroom Classic CC は大量の写真を管理しながら補正を行うのに適しています。一枚の写真をより細かく編集、加工する場合には、Photoshop や Photoshop Elements を使用します。Photoshop Lightroom Classic CC では、Photoshop または Photoshop Elements を起動して、写真を編集することができます。
※ Photoshop または Photoshop Elements がコンピュータにインストールされている場合にのみこの機能を使用することができます。 

B.ライブラリモジュールの柔軟な写真管理

B-1. コレクションによる写真の分類

Photoshop Lightroom Classic CC には コレクションという機能があります。フォルダーとは別に、アルバムのように出来事や人物、場所など好きなようにカテゴライズしたコレクションの中に該当する写真を追加することで、写真を分かりやすく整理することができます。

B-2. ライブラリフィルターで目的の写真をすばやく検索

ライブラリフィルターでは、テキスト、属性、メタデータの 3 種類のモードで指定した条件で写真をすばやく抽出します。モードを組み合わせて抽出することもできるので、より細かで多様な条件で写真を抽出することが可能です。

テキスト

検索ワードで写真を抽出します。検索対象とする写真や文字列の検索の仕方を指定できます。

属性

フラグやレーティング(星の数)、カラーラベルを指定して抽出します。それぞれを組み合わせて使用することも可能です。

※ 画像では例として、「3つ星以上、ラベル:レッド」の条件を設定しています。

メタデータ

撮影したカメラやレンズを指定して抽出します。

B-3. キーワードによる写真の管理

写真に任意のキーワードを追加することで、キーワードで絞り込んで写真を検索することができます。キーワードは一枚の写真に複数追加することが可能です。追加したキーワードは、すべてキーワードリストパネルに表示され、そのキーワードを含む写真の枚数が表示されます。

キーワードリストパネル内のキーワードをクリックすると、該当のキーワードを含む写真を抽出できます。

C. 現像モジュール

C-1. プリセットで簡単補正

現像モジュールのプリセットパネルには、初期設定のプリセットが用意されています。このプリセットを使用して写真を手軽に補正することができます。プリセットパネルで目的のプリセットの上にポインタを移動すると、プリセットを適用した結果のプレビュー表示がナビゲータパネルにされます。 またプリセットパネルで目的のプリセットをクリックすると、プリセットを写真に適用することができます。

また、プリセットは独自に作成することもできます。気に入ったプリセットは、名前をつけて「ユーザープリセット」として保存しておくことで、別の写真にも作成したプリセットを適用することができます。

C-2. 現像設定のコピー&ペースト

プリセットの保存を行わなくても、現像した設定内容をコピーし、別の写真に適用することが可能です。

D. 非破壊編集

Photoshop Lightroom は、非破壊環境で画像編集を行うことができます。非破壊編集は、元の画像データが完全に保持されるので、元の画像に変更が上書きされてしまうことはありません。どんなに編集を加えても、「初期化」ボタンをクリックすることでいつでも元の画像に戻すことができ、簡単に操作の手順をさかのぼったり、写真の複数のバージョンを保存することができます。また画像データが削除されないので、編集を行っても画質は低下しません。

E. Lightroom CC との同期

Photoshop Lightroom Classic CC では、デスクトップ版、Web 版、モバイル版の Photoshop Lightroom  CC を使用することができ、写真の閲覧、編集、共有が可能です。どのデバイスからでも写真を読み込むことができ、Lightroom Classic CC と Lightroom CC を同期することで、どのデバイスで閲覧しても 同期済みの写真は常に同じ状態を保ちます。

Lightroom CC との同期を「オン」に設定することで、たとえばモバイル版から新しく写真を読み込んだり、写真の編集を行うと、デスクトップ版や Web 版でも変更が自動的に反映されます。

Lightroom CC では、Lightroom Classic CC で同期しているカタログ内の写真とコレクションの一覧が表示されます。

注意:

Photoshop Lightroom Classic CC で Photoshop Lightroom CC と同期できるのは、最新バージョンのみとなります。

Lightroom CC のデバイスごとの表示

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー