ここでは、デジタルカメラから Lightroom に写真を読み込む方法を説明します。

注意:

 

※ スマートフォンから写真を読み込む方法は こちら
※ PC 内のデータを読み込む方法は こちら

  1. デジタルカメラの SD カードをパソコンに挿入するか、カメラに付属の USB ケーブルを使用してカメラとパソコンを接続します。
    ※ 接続方法については、お使いのカメラメーカーの取扱説明書をご確認ください。

  2. Lightroom が自動的に起動します。

    ※ 自動で起動しない場合、直接「Lr」アイコンをダブルクリックして起動します。
    ※ カメラやカードリーダーを接続したときに Lightroom が自動的に起動されるようにするには、編集/環境設定(Windows)または Lightroom/環境設定(Mac OS)を選択します。「一般」タブの「読み込みオプション」で、「メモリカードの検出時に読み込みダイアログを表示」を選択します。

  3. 起動したら、ライブラリモジュール左下の「読み込み」をクリックします。

  4. 読み込みウィンドウが表示されます。「追加元」に接続したカメラ名が表示されていることを確認し、カメラに保存されている写真が表示されたら、読み込む写真のみをチェックマークをつけて選択します。

    ※ 初期設定ではカメラに保存されている全ての写真が選択されます。

  5. ウィンドウ上部にある、読み込み方式を以下 2 つの中から選択します。
    ※ ここでは「コピー」を選択します。

    • DNG 形式でコピー
      読み込み元フォルダーとは別の保存場所を新たに設定してそこに撮影日別で写真をコピーします。Camera Raw ファイルがある場合は Digital Negative(DNG)形式に変換します。
    • コピー
      読み込み元フォルダーとは別の保存場所を新たに設定し、そこに撮影日別で写真をコピーして読み込みます。
  6. ウィンドウ右側で、以下の読み込み時のオプションを必要に応じて設定し、保存場所を指定します。
    ※ ここでは、コレクションの追加とキーワードの設定を行い、保存先を指定します。

    • ファイル管理
      任意のプレビューを生成したり読み込む写真をコレクションに追加したりすることができます。
    • ファイル名の変更
      読み込み時にファイル名を変更して読み込むことが可能です。
    • 読み込み時に適用
      読み込み時に現像設定や著作権情報などのメタデータ、キーワードをあらかじめ設定して読み込むことができます。
    • 保存先
      読み込む写真の新たな保存場所を設定します。
  7. 設定が完了したら、ウィンドウ右下の「読み込み」をクリックします。

  8. 選択した写真がライブラリモジュールに読み込まれます。
    ※ ここでは、指定したコレクションに追加され、写真のサムネイルにはキーワードが設定されていることを示すアイコンが表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー