この記事では Lightroom の大きな特長の 1 つである「Raw現像」を紹介します。

Raw データとは

“RAW(「生」または「未加工」)”に近い状態で保存された、デジタル一眼カメラやコンパクトデジタルカメラの写真ファイル形式の一種です。撮影したそのままの状態であるため、調整次第で写真の雰囲気を柔軟に変化させることができます。

Raw ファイルには以下のような特徴があります。

  • 圧縮がされていないため、JPEG と比較してファイルサイズが大きい
  • カメラの製造元や機種により仕様が異なる
  • Windows/Mac OS の標準機能では参照できない(*例外もあります)

Raw 現像の例

ホワイトバランスを JPEG より柔軟に調整可能

JPEG の場合は既に撮影時に現像されているためホワイトバランスの大幅な変更は難しいですが、Raw 現像なら撮影した後でもホワイトバランスを大幅に変更できます。

白とび黒つぶれの補正

白とびの部分は「ハイライト」スライダー、黒つぶれの部分は「シャドウ」スライダーで簡単に調整できます。また、「白レベル」、「黒レベル」を使用してより細かい調整が可能です。

色調補正の柔軟性

Raw 画像なら画像の劣化なしに明るさや色味を調整できます。また Lightroom なら各色ごとに柔軟な調整ができます。

カメラプロファイルを適用可能

カメラの機種に合わせてプロファイルを適用することで、カメラごとに異なる発色傾向やホワイトバランスを調整できます。

レンズプロファイルを適用可能

撮影時に使用したレンズによるボケや歪みを調整できます。

注意:

 

RAW ファイルは JPEG ファイルに比べるとファイルサイズが大きいため、大量に撮り溜めていくと保存スペースを圧迫します。例えば、暗い場所で黒つぶれが心配な場面や、ホワイトバランスがうまく調整できない時など、撮影後の調整が必須だと思われるような場面で随時 JPEG と RAW の撮影を切り替えてみることで、容量をうまく節約できるかもしれません。

一部の機能は JPEG では使えませんが、ノイズ軽減などをうまく組み合わせることで、色調や明るさをうまく補正できることもあります。多くの機能はJPEG でも使えるので、自分のスタイルに合った使い方を是非研究してみてください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー