Adobe Photoshop Lightroom では、失った(または削除した)写真のプレビューが表示されることがあります。次のスクリプトを使用すると、失った(または削除した)写真のプレビューを抽出して保存できます。

このスクリプトは、スクリプト実行時に選択されているすべての画像のプレビューを抽出します。また、スクリプト実行時に選択されているすべてのビデオクリップのポスターフレームを抽出します。これらのファイルの場所を選択できます。プレビューは JPEG 形式です。名前には画像のサイズも入ります(例: _MG_0233-360x240.jpg)。

注意:

 

  • 抽出したプレビューには、元の画像からのメタデータはまったく含まれません。
  • 抽出したプレビューには ICC プロファイルは含まれません。そのため、抽出したプレビューを Lightroom にインポートし直すと、画像は sRGB プロファイルと共にインポートされます。

このスクリプトをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 以下のスクリプトへのリンクを右クリック(Windows)または Ctrl キーを押しながらクリック(Mac OS)し、スクリプトをデスクトップに保存します。ファイルをダブルクリックすると解凍され、ExtractPreviews.lua という名前のファイルが作成されます。このファイルが見つからない場合は、ハードディスクを検索して見つけください。

    ダウンロード

  2. Lightroom において、「Lightroom /環境設定」(Mac OS)または「編集/環境設定」(Windows)を選択します。

  3. 「プリセット」タブで、「Lightroom プリセットフォルダーを表示」を選択します。

    「プリセット」タブの「Lightroom プリセットフォルダー」

    注意:

    「Lightroom プリセットフォルダーを表示」ボタンを押すと、「プリセットをカタログと一緒に保存」が選択されていないときにのみ、このフォルダーのある正しい場所に移動できます。「プリセットをカタログと一緒に保存」が選択されているときは、/Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/Adobe/Lightroom フォルダーに移動して開きます。

    重要:ユーザーの Library フォルダーは、Mac OS X 10.7 ではデフォルトで非表示になっています。アドビ関連のトラブルシューティングを実行するためにこれらのファイルにアクセスする必要がある場合は、「Mac OS 10.7 以降でユーザーライブラリファイルを表示できない」を参照してこのフォルダーを開いてください。

  4. Lightroom フォルダーに Scripts という名前のフォルダーを作成します。

  5. ExtractPreviews.lua スクリプト(ステップ 1 から)を Scripts フォルダーにコピーします。

  6. Lightroom を終了して再度開きます。

  7. Lightroom で、「スクリプト/ExtractPreviews」を選択します。

    注意:

    「スクリプト」メニューは右側の最後のメニューです(Windows)。「スクリプト」メニューは、「ヘルプ」メニューの右側にあります(Mac OS)。

    「スクリプト」メニューから「ExtractPreviews」を選択します。
    「スクリプト/ExtractPreviews」(Windows)、Lightroom CC の典型的なスクリーンショット。

  8. 抽出したプレビューを保存する場所を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー