プリセットの保存と読み込み

Lightroom プリセットを作成すると、そのプリセットはすべての Lightroom バージョンが共有する場所に保存されます。したがって、新しい Lightroom バージョンをインソールすると、旧バージョンで作成したプリセットは自動的にインポートされます。

メモ:「環境設定/プリセット」と選択して「プリセットをカタログと一緒に保存」を設定すると、プリセットが検索されてカタログフォルダに保存されます。このオプションを有効にしても、デフォルトフォルダに現在格納されているプリセットは、カタログフォルダに移動されません。Lightroom でこのオプションを有効にして、新しいバージョンをインストールした場合。、この設定は新しくインストールしたバージョンには引き継がれません

現像プリセットと処理

Lightroom バージョン間で変更があると、旧バージョンで作成された現像プリセットの一部が新バージョンで予期されない動作を行うことがあります。例えば、Lightroom 3 から Lightroom 4 に更新すると、デフォルトの処理バージョンが 2010 から 2012 に変わります。

Lightroom ヘルプの「現像プリセットの作成と適用」と「処理バージョン」を参照してください。

処理バージョン 2010 と 2012 の違い

使用中の処理バージョンによって、一部の編集機能が変わります。

処理バージョンに基づく編集機能の変更

プリセットの保存時に、プリセットの一部として処理バージョンを含めることが可能です。

プリセットの一部として処理バージョンを含める

現像プリセットを更新して、最新の処理バージョンを使用する

処理バージョンを保存した以前の Lightroom バージョンで現像プリセットを作成し、そのプリセットを更新して現在の処理バージョンを使用するようにしたい場合は、上記の新しい設定を含むプリセットを作成します。元のプリセットを上書きすることは可能ですが、それはお勧めできません。上書きしたプリセットは旧バージョンの Lightroom で使用できなくなるからです。

  1. Lightroom 3 で作成したプリセットを Lightroom 4 の現像モジュール内の画像に適用します。

  2. 画像の右下に表示される感嘆符をクリックします。 

  3. 処理バージョンの更新ダイアログボックスでオプションを選択し、「更新」をクリックします。

    処理バージョンの更新ダイアログボックス
  4. 基本補正パネルで、オプションをレビューします。これらの設定は調整を必要とすることがありますが、それはスライダー自体やスライダーの機能の仕方が変わったかもしれないからです。 

  5. 新しい名前でプリセットを保存します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー