Lightroom CC、Lightroom 6、Lightroom 5、および Lightroom 4

Adobe Photoshop Lightroom のこれらのバージョンでは、ビデオクリップを複数の形式でインポートして大規模な編集を行えます。ビデオの問題に関するトラブルシューティングについては、Lightroom のビデオの問題に関するトラブルシューティングを参照してください。

インポートする形式:

  • Avi
  • mp4
  • Mov
  • Avchd

サポートされる拡張子:

  • MOV
  • M4V
  • MP4
  • MPE
  • MPG (MPEG-1 および MPEG-4 圧縮フォーマットのみ)
  • MP4
  • M4V
  • AVI
  • MTS
  • 3GP
  • 3GPP
  • M2T
  • M2TS

注意:

お使いのビデオファイルが上記のいずれのフォーマットでない場合、Lightroom では開けません。

  1. クリップ内の画像からフレームをキャプチャーします。
  2. キャプチャー後の画像を現像モジュールで開きます。
  3. 必要に応じてフレームを編集します。
  4. 以上の変更でプリセットを作成します。
  5. ライブラリモジュールに戻り、ビデオクリップを選択します。
  6. 保存したプリセットを適用します。

注意:

ビデオクリップに適用できない編集(ノイズリダクション、クラリティなど)を現像で行った場合、警告メッセージが表示されます。

ビデオは、ライブラリモジュールでのみサポートされます。 現像、スライドショーなど、他のモジュールではビデオを開けません。

Lightroom 3

Photoshop Lightroom 3 では、一般的な形式のビデオおよびオーディオファイルをインポートします。 これらのファイルは Lightroom 3 のライブラリモジュールで管理できますが、ビデオまたはオーディオファイルを編集することはできません。

サポート対象の形式:

  • .avi
  • .mov
  • .mp4

サポート対象の機能:

  • ライブラリモジュールでのサムネイル表示(QuickTime 必須)
  • メタデータの適用および編集
  • キーワードの追加および編集
  • ライブラリビューオプションの使用
  • レーティング、ラベル、フラグの適用
  • ビデオのスタック
  • コレクションへの追加
  • カタログへのメタデータの保存
  • オリジナル形式での書き出し
  • ビデオクリップの再生(ビデオプレビューの左下にある再生アイコンをクリックします)

Lightroom 3 ヘルプでビデオを Lightroom にインポートするも参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー