説明

アップグレード処理を開始する前に、旧版の LiveCycle に関連付けられているすべてのファイルとディレクトリーをバックアップしてください。

LiveCycle の旧インスタンスと新しいインストール環境が同じコンピューター上にない場合は、既存の MySQL データを新しい MySQL インスタンスに手作業でインポートする必要があります。これとともに、GDS ディレクトリー、Content Storage Root ディレクトリー、インストール済みのフォント、ウォッチ対象フォルダーなどを新システムに手作業でコピーしてください。これらの手作業の手順は、Configuration Manager を開始する前に実行してください。 

手順

  1.  アドビデータベースをエクスポートするには、LiveCycle ターンキーインストール環境とともにインストールされた MySQL フォルダーにある mysqldump プログラムを使用します。例:

    C:\Adobe\Adobe LiveCycle ES2\mysql\bin>mysqldump -q -e --single-transaction -ppassword -u adobe -r "C:\mysqlbackup\adobe.sql" -B adobe --port=3306 --host=localhost
    注意:ディレクトリの mysqlbackup は、LiveCycle システムでこのコマンドを実行する前に存在している必要があります。

  2. アドビデータベースをインポートするには、上記で作成された adobe.sql を新システムにコピーします。次に、LiveCycle ターンキーインストール環境とともにインストールされた MySQL フォルダーの mysql プログラムを使用します。例:

    C:\Adobe\Adobe LiveCycle ES4\mysql\bin>mysql -padobe -u adobe --port=1138 -e "source C:\mysqlbackup\adobe.sql"
    注意:ディレクトリの mysqlbackup は、LiveCycle システムでこのコマンドを実行する前に存在している必要があります。

  3. Java SDK、インストールファイル、ウォッチ対象フォルダーの内容、一時ディレクトリーなど、旧版の LiveCycle に関連付けられているすべてのファイルとディレクトリーをバックアップしてください。これらのアイテムのいずれも削除しないでください。次の LiveCycle データをバックアップに含めてください:
  • GDS ディレクトリー:このディレクトリーはローカルか、共有ネットワークドライブのいずれかに配置できます。GDS ディレクトリーのデフォルトロケーションは [JBoss root]/server/<profile_name>/svcnative/DocumentStorage です。
  • データベース:データのバックアップにはデータベースバックアップユーティリティーを使用してください。
  • LiveCycle EAR ファイル:アップグレードに問題が生じた場合、システムの復元に EAR ファイルが必要になります。
  • Content Storage Root ディレクトリー:現在のシステムに Adobe LiveCycle Content Services (非推奨) が導入されている場合は、Content Storage Root ディレクトリーをバックアップしてください。このディレクトリーはローカルか、共有ネットワークドライブのいずれかに配置できます。Content Storage Root ディレクトリーのデフォルトロケーションは次のとおりです。[LiveCycle Root]/lccs_data
  • LiveCycle フォント:すべてのアドビフォントディレクトリーをバックアップします。これらはすべて Configuration Manager (構成マネージャー) (Administration Console (管理コンソール)、「設定 (Setting)」/「Core System (コアシステム)」/「Configurations (構成)」に移動) に指定されています。ディレクトリー全体をバックアップしてください。
  • お客様のインストールされたフォント:LiveCycle 環境にフォントを追加インストールしている場合は、それらを別にバックアップしてください。
  • ウォッチ対象フォルダー:ウォッチ対象フォルダーをバックアップします。


本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー