Adobe LiveCycle Rights Management ES2 Extension for Microsoft Office を Microsoft Office 2003 にインストールした環境で、ツールバーメニューから [Adobe Rights Management] > [Adobe Rights Management Extension ヘルプ] を実行すると、本製品のヘルプファイルが表示されます。そのヘルプファイルにおいて、下記の階層を表示します。

 [ファイルの保護]

  > [ポリシーで保護されたファイルを開いているときの Office の動作]

   > [制限される Word の機能]、[制限される Excel の機能]、[制限される PowerPoint の機能]

すると、それぞれのページに「作業ウィンドウ」に関する制限事項が記載されています。この「作業ウィンドウ」とは、Office アプリケーションの[表示] > [作業ウィンドウ]を実行した時に、アプリケーションウィンドウの右側に表示されるペインを指します。作業ウィンドウ上部にはリストボックスがあり、そのウィンドウの表示コンテンツを選択できます。

   

   図. 作業ウィンドウでドキュメントの更新を選択した状態

よって、「ドキュメントの更新ウィンドウは、ポリシーで保護されたファイルが開いているときは使用できません。」([制限される PowerPoint の機能] からの抜粋例)という表記がある場合、作業ウィンドウ上部のリストボックスで "ドキュメントの更新" を選択した状態では、そのペインは使用不可能になることを意味しています。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー