問題点(Issue)

複数の物理的なユーザーがそれぞれのRights Managementアカウントを同じWindowsログインアカウントで使用することによって、予期されない結果になる可能性があります。
例:
1)物理的ユーザーAが自分のRights Managementアカウントのオフラインアクセスを一度有効にさせてから、同じWindowsログインアカウントで他の物理的ユーザーBも自分のRights Managementアカウントのオフラインアクセスを有効にさせた場合、改めて物理的ユーザーAが自分のRights Managementアカウントのオフラインアクセスを有効に設定する必要があります。
2)保護されたドキュメントを開いた時、透かしで表示されたユーザーID(ユーザーA)が予期されないユーザーID(ユーザーB)として表示されるときがあります。

原因(Reason)

複数の物理的なユーザーがそれぞれのRights Managementアカウントを同じWindowsログインアカウント上で使用することは、LiveCycle Rights Managementではサポートされていません。

この問題は、同じWindowsログインアカウントで異なるRight Managementアカウントを使用することによって、LiveCycleサーバーでは同じ物理的なユーザーが自分のRights Managementアカウントを変更したように認識して動作したために発生します。

解決方法 (Solution)

同じWindowsログインアカウントを複数の物理的なユーザーの間にシェアしてRights Managementは使用しないでください。このため、以下のマッピング関係でRights Managementを使用してください。

一人の物理的なユーザー --- 一つのRights Managementアカウント --- 一つのWindowsログインアカウント

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー