問題

WebLogic 上で LiveCycle Configuration Manager を使用して LiveCycle ES2 のインストールを構成する際に、Package JDBC Modules (secure datasources) オプションを使用すると、フォーム描画でフォームが分裂する場合があります。

解決策

LiveCycle Configuration Manager を使用する際には、Package JDBC Modules (secure datasources) オプションを使わないでください。WebLogic サーバー上のデータソースの安全は図るため、LiveCycle Configuration Manager を実行した後で、次のプロシージャを使用してください。このプロシージャはフォーム描画の問題を解決します。

WebLogic の security realm の Administrator グループにユーザーアカウントを作成してください。:

  1. WebLogic Server Administration Console にログインします。

  2. Domain Structure の下で、Security Realms をクリックします.

  3. 次の画面で myrealm を選択します.

  4. 次の画面で Users and Groups タブを選択し、New をクリックします.

  5. Create a New User の下で、プロパティの値を指定し, OK をクリクします. 

  • Name box にユーザー名を入れます (例えばLCUser).
  • Password box にパスワードを入れます。
  • Confirm Password box に再度パスワードを入れます。
  1. Users の下で、作成したユーザー名を選択します (この例では LCUser)。次の画面で Groups タブをクリックします。

  2. 次の画面で AdministratorsAvailable テーブルから選択します。

  3. 右向き矢印ボタンをクリックし、Administrators を Chosen テーブルに追加し、Save をクリックします。

jndi.properties ファイルの作成:

jndi.properties ファイルを作成し、ファイルへのパスを managed サーバーの classpath 追加します。このファイルは次の情報を含んでいることが必要です:

java.naming.security.principal=[ユーザー名]

java.naming.security.credentials=[password]

 

WebLogic の Server Administration Console にログインします.

  1. WebLogic の Server Administration Console の Change Center で、Lock & Edit をクリックします.

  2. Domain Structure で, Environment > Servers をクリックし、右ペインの、managed server に作成したサーバーをクリックします

  3. Server Start タブをクリックし、Class Path ボックスに、jndi.properties ファイルを含んだフォルダーを、以下の例に示すように追加します:

        (Windows): %CLASSPATH%;[フォルダーの場所];

        (UNIX): $CLASSPATH:[フォルダーの場所]:

  1. Save をクリックし、次に Activate Changes をクリックします.
  2. managed サーバーを再起動し JNDI プロパティを有効にします。

データソースの保護 (IDP_DS and EDC_DS):

  1. WebLogic の Server Administration Console にログインします.

  2. Domain Structure で、Environment > Servers とクリックし、右ペインの、managed サーバーをクリックします。

  3. 次の画面で View JNDI Tree をクリックします。新しいウィンドウに JNID ツリー構造が表示されます。

  4. JNDI Tree Structure で、様々なデータソースオブジェクトをその JNDI 名に従って探します:

  5. IDP_DS をクリック.

  6. Security > Policies をクリックし、次に Add Conditions をクリックします.

  7. Predicate List から User を選択し、次に Next をクリックします.

  8. User Argument Name ボックスで、ユーザー名を入力します。(例えばLCUser)、「Add」をクリックします。

  9. Finish をクリックし Policies 画面に戻り、Save をクリックします.

  10. 5 から 9 のステップを EDC_DS について繰り返します.

  11. managed サーバーを再起動します。

追加情報

Business Activity Monitoring ES2 のデータソースを既に secure にしてある場合には、jndi.properties ファイルで、BAM と同じユーザー名、パスワードを使ってください。より詳しい内容については Installing and Deploying LiveCycle ES2 for WebLogic ガイドを参照してください。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー