Adobe LiveCycle の全バージョンのサードパーティ製ソフトウェア要件は、各製品文書の「必要システム構成」セクションに文書化されています。現在サポートされている LiveCycle バージョンのすべてドキュメントには、ご使用のバージョンのリンクをたどって www.adobe.com/support/documentation/jp/livecycle/ からアクセスできます。バージョン7.2の要件の場合、ご使用の製品とアプリケーションサーバーの組み合わせに適切な「LiveCycle セキュリティ製品のインストールと構成」ドキュメントを確認します。バージョン 8.x 以降の場合、ご使用の LiveCycle バージョンの「LiveCycle のインストールの準備」を確認します。

Adobe LiveCycle のサードパーティ製参照プラットフォームは、LiveCycle の各バージョンの開発およびリリース中にカレントだったサードパーティ製インフラストラクチャの特定のパッチレベルを記載し、そのバージョンの LiveCycle によってサポートされるインフラストラクチャの最小パッチ/サービスパックレベルを形成します。 

アドビシステムズ社は、サードパーティベンダーが Adobe LiveCycle がサポートしているバージョンとの下位互換性を保証していることを前提として、サードパーティベンダーによって発行された緊急または推奨パッチをリリースされ次第サポートします。アドビシステムズ社は、LiveCycle ドキュメントに記載された最小パッチレベルの後にリリースされたパッチのみをサポートします。

アドビシステムズ社は主要機能を変更するようなサードパーティのアップデートをサポートできないため、完全な下位互換性をサポートできない場合があります。サポートするアップデートについての詳細は、特定のベンダー製品およびアドビシステムズ社がサポートするパッチの種類については、#サポートされるパッチ定義を参照してください。

アドビシステムズ社が管理できない状況の場合は、サードパーティ製パッチによって、下位互換性がアドビ製品またはお客様の環境に悪影響を与える可能性があります。このような場合、アドビシステムズ社は、緊急パッチを重要なシステムに適用する前に、お客様がサードパーティから緊急パッチの影響を評価することをお勧めします。アドビシステムズ社はサードパーティと連携し、合理的な企業努力により、通常のアドビサポートプログラムやサードパーティのパッチで問題を修正することなどでこのような問題を解決していきます。これは、アドビシステムズ社がサポートする新しくリリースされたサードパーティパッチが、ベンダーの記載どおりに、または Adobe LiveCycle で動作することを保証するものではありません。

サードパーティパッチの追加情報は、ご使用の製品に関するナレッジベース記事のエンタープライズ向けアドビサポートサイトを検索すると入手できます。

一般例

Adobe LiveCycle 7.2は、この時点以降にリリースされた IBM WebSphere 5.1.1.5およびすべてのパッチおよびフィックスパックをサポートします。つまり、WebSphere 5.1.1 with Fix Pack 11は Fix Pack 5より後にリリースされているため、サポートされています。

ベンダーが定義したサポート済みパッチ定義

オペレーティングシステム:

  • Microsoft Windows–サービスパックおよび重要な更新(1)
  • IBM AIX –保守レベルおよび PTF
  • Sun Solaris–アップデートおよび(patchadd)パッチ(2)
  • Red Hat Linux–累積「アップデート」 (3)および重要とマーキングされたアップデート
  • Novell SuSE Linux–累積した推奨および重要なセキュリティアップデート

(1)例えば、Windows Server 2003 SP1の場合、Windows Update によって提供された「重要」というラベルでオプションでない Windows Server 2003パッチ。

(2)特に patchadd ツールで配布、適用されたアップデート。

(3)例えば、RHAS 3.0 Update 1 RHEL 5.1

Java アプリケーションサーバー:

  • IBM WebSphere - Fix Pack、JDK SR
  • BEA/Oracle WebLogic -パッチ(メンテナンスパック9.2以降および10)
  • Red Hat JBoss Application Server-パッチおよびサポートしている EAP エディションの累積パッチ(4)

(4)例えば、EAP 5.1.0がサポートされている場合、EAP 5.1.0 CP1から EAP 5.1.0 CP2まで移行できます。ただし、あるマイクロバージョンから他のマイクロバージョンへの移行はサポートされていません。例えば、5.1.0から5.1.1はサポートされていません。

JDK アップデートについては、アプリケーションサーバーベンダーによって推奨されているとおり、またはアドビシステムズ社がバージョンの範囲を認証している場合は、アドビシステムズ社が認証したバージョン以降の JDK アップデート。

データベース:

  • MySQL–メジャー.マイナーバージョンを変更しないアップデート。
  • IBM DB2 – Fix Pack および APAR
  • Oracle–パッチセット
  • Microsoft SQL Server–更新および Service Pack

ディレクトリサーバー:

  • SunOne Directory Server–サービスパック
  • Microsoft ActiveDirectory–OS アップデートの一部
  • Novell eDirectory–製品アップデート

コンテンツ管理システム:

  • EMC Documentum – Fix Pack およびホットフィックス
  • IBM Content Manager – Fix Pack および iFix
  • IBM FileNet – Service Pack

Web ブラウザー:

  • Microsoft Internet Explorer–サービスパックおよび重要な更新
  • Netscape Navigator–パッチ
  • Mozilla Firefox –ダブルドットバージョンを変更するセキュリティアップデート(5)
  • Apple Safari –ダブルおよびトリプルドットリリースアップデート、セキュリティ修正

(5)例えば、1.5.1 は Firefox 1.5のセキュリティアップデートです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー