説明

長期間の実行中に、PDF Generator のネイティブ変換が断続的にエラーコード: ALC-DSC-000-000(com.adobe.idp.dsc.net.DSCSocketTimeoutException: Internal error)で失敗し、PDF 変換がフリーズします。

解決策

PDF 変換の実行時に、LiveCycle および AEM フォームサーバーはさまざまなタイムアウト制限を考慮します。以下のタイムアウト値を設定して問題を解決してください。

注意:

本稼働環境では、これらの設定を強く推奨します。

Server Conversion タイムアウト

PDFG 変換は、サーバー変換タイムアウトに定義された制限の間、アクティブ状態に維持されます。Server Conversion タイムアウトのデフォルト値は270秒です。以下の手順を実行して、Server Conversion タイムアウト制限を設定します。

  1. Administration Console にログインします。 

    注意:

    Administration Console のデフォルトアドレスは http://<server>:<port>/adminui です。

  2. サービスアプリケーションおよびサービスサービスの管理に移動します。

  3. PDFGConfigService サービスを探して開きます。

  4. Server Conversion タイムアウトの値を変更します。

  5. OK」をクリックします。

Global タイムアウト

注意:

この記事で説明されている Mobile Forms IVS のインストールと使用に関する手順は、LiveCycle ES4 Service Pack 1では更新されています。LiveCycle ES4 ベースのリリースの場合は、LiveCycle ES4 と Service pack 1の主な違いに記載されている手順に従います。

Global タイムアウトは、変換時間と、変換後の操作を実行するためのクリーンアップ時間から構成されます。このタイムアウトは、PDF Generator のさまざまな BMC で定義されます。Global タイムアウトのデフォルト値は300秒です。

以下の手順を実行して、Global タイムアウトを設定します。

注意:

Global タイムアウトの値が Server Conversion タイムアウトの値より大きいことを確認してください。Global タイムアウト制限を、Server Conversion タイムアウト制限より30秒大きい値に設定することを推奨します。

  1. Administration Console で、サービスアプリケーションおよびサービスサービスの管理をクリックします。

  2. 「Configure PDFGConfigService」をクリックします。必要に応じて、オプションを検索します。

  3. 「設定」タブで、「Server Global Timeout」フィールドの値を更新します。

アプリケーションサーバーの Global Transaction タイムアウト

Global Transaction タイムアウトは、アプリケーションサーバーがトランザクションを実行できるようにする期間です。許容タイムアウト制限に達すると、トランザクションはロールバックされます。

注意:

Global Transaction タイムアウトの値が Global タイムアウトの制限より大きいことを確認してください。Global Transaction タイムアウト制限を、Global タイムアウト制限より30秒大きい値に設定することを推奨します。

サポートされているアプリケーションサーバーに対して Global Transaction タイムアウトを設定するには、以下の手順を実行します。

CORBA Request タイムアウト

CORBA Request タイムアウトは、リクエストが CORBA からの応答を待機する秒数です。タイムアウト制限に達すると、例外が発生します。

注意:

CORBA Request タイムアウトの値が Global Transaction タイムアウトの制限より大きいことを確認してください。CORBA タイムアウト制限を、Global Transaction タイムアウト制限より30秒大きい値に設定することを推奨します。

サポートされているアプリケーションサーバーに対して CORBA Request タイムアウトを設定するには、以下の手順を実行します。

  • Oracle WebLogic アプリケーションサーバーに対して、StuckThreadTimeout 値を設定します。詳細な手順については、WebLogic Server スタックしたスレッドのタイムアウトの増加を参照してください。
  • IBM WebSphere アプリケーションでは、ORB サービスの Request タイムアウト値を増加させます。詳細手順については、CORBA タイムアウト値の増加を参照してください。
  • JBoss アプリケーションサーバーでは、以下の手順を実行します。
    1. <JBoss_root>/server/<server_name>/conf/に移動します。
    2. jacorb.properties ファイルを編集用に開きます。
    3. jacorb.connection.client.pending_reply_timeout プロパティの値を設定します。たとえば、360000ミリ秒のように設定します。
    4. jacorb.properties ファイルを保存して閉じます。
    5. JBoss アプリケーションサーバーを再起動します。

PDF DSC プールの max-wait の生成

max-wait タイムアウトは、サービスプールからインスタンスを取得するためにリクエストが待機する最大時間を決定します。最大時間値に達すると、リクエストは期限切れになります。推奨値は CORBA Request タイムアウト値より30秒大きい値です。以下の手順を実行して、max-wait タイムアウト制限を変更します。

  1. [LiveCycle ルート]に移動します/展開または [aem-forms_root]/フォルダーを展開します。

  2. 既存の adobe-generatepdf-dsc.jar ファイルのバックアップを取ります。

  3. adobe-generatepdf-dsc.jar ファイルをフォルダに展開し、component.xml ファイルを編集用に開きます。

  4. max-wait プロパティの値を変更します。component.xml ファイルを保存して閉じます。

  5. 更新した component.xml ファイルを generatepdf-dsc.jar に追加し、古い.jar ファイルを最新の generatepdf-dsc.jar ファイルで置き換えます。

要約

要約すると、サーバーには以下のタイムアウト制限を設定します。

  • Generate PDF DSC プールの max-wait を制限された値(CORBA Request タイムアウトより大きい値)に設定します。デフォルトの設定では無限大の値になっています。
  • 次のタイムアウト制限を昇順に設定します。
    • Server Conversion タイムアウト
    • Global タイムアウト
    • アプリケーションサーバーの Global Transaction タイムアウト
    • CORBA Request タイムアウト

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー