Windows 10 セキュリティ更新の適用後、更新された Windows 10 デバイスから特定の LiveCycle/AEM フォームサーバースサーバー接続が失敗します。サーバーへの HTTPS 接続が暗号化された Diffie Hellman 鍵を使用している場合、接続は失敗します。 

Windows 10 の更新により、HTTPS 接続エラーが発生します:

サーバー上で問題が解決しないかどうかをテストするには:

  1. Windows 10 上の Internet Explorer を使用して、https://<サーバー>:<ポート>/adminui
  2. ページがロードされたかどうかを確認します。ページが Internet Explorer に読み込まれていない場合は、トラブルシューティングが必要となります。

注意:

Oracle Java 7 以上を使用して、それより新しい LiveCycle/AEM フォームへの HTTPS 接続は失敗しません。 

トラブルシューティング:Oracle Java 6 を使用して手動/JBoss ターンキーによる LiveCycle/AEM フォームへの HTTPS 接続のエラー

LiveCycle/AEM フォームサーバーへの HTTPS 接続は、Windows 10 セキュリティ更新が特定の SSL プロトコルのサポートを削除するため、失敗します。この問題を解決するには:

  • Apache プロキシなどのプロキシを使用します。
    設定でロードバランサまたはプロキシを既に使用している場合、または新しいプロキシサーバーを導入した場合は、プロキシ設定を変更して SSL 接続エラーの問題を解決できます。プロキシサーバーが弱い Diffie Hellman キーに依存しない限り、プロキシを使用することで問題は解決します。
    新しいプロキシサーバー、既存のプロキシサーバーまたはロードバランサーの場合: これは、このフォーム LiveCycle/AEM フォームサーバーと同じドメイン名を持つことを確認します。
  • サーバー adminui ページが Internet Explorer で表示されることを確認するには、次の手順を実行します。
    1. Windows 10 上の Internet Explorer を使用して、https://<サーバー>:<ポート>/adminui を開いて下さい。
    2. ページがロードされたかどうかを確認します。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー