問題点

Solaris 10 で Adobe LiveCycle 8.x、9.x または 10.x が実行されています。Solaris に Update 10 を適用すると、フォームは、LiveCycle Output によっては正しく変換されず、アプリケーションサーバーログで次のようなエラーが表示されます。

####<Jan 1, 2012 12:00:00 AM EST> <Error> <com.adobe.formServer.PA.XMLFormAgentWrapper> <t0q22k><ServerName> <[ACTIVE] ExecuteThread: '1’ for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <<anonymous>><BEA1-1DE0F90E6C7CBD70F8FA> <> <1326470773795> <BEA-000000> <ALC-OUT-002-004: Unable to findservice: XMLFormService, error: Connection to failed service.> 

####<Jan 1, 2012 12:00:01 AM EST> <Warning> <com.adobe.service.ProcessResource> <t0q22k> <ServerName><ProcessResource@17c112(name=XMLForm.exe,pid=0) Error Reader> <<anonymous>> <> <> <1326470775446><BEA-000000> <BMC024: Service XMLFormService: Process ProcessResource@17c112(name=XMLForm.exe,pid=0) terminated abnormally with error code {3}> 

Adobe が XMLFormService と、Oracle が ELF シンボルのバージョン管理に対する GNU 拡張子をサポートする Solaris に対して作成した一部の追加をコンパイルするのに使用するコンパイラー設定の間に、インタラクションの問題があります。これは、Solaris が有効な実行可能ファイルとして XMLFormService を認識しなくなり、実行しないことを意味します。

解決策

ソリューションは、libstdc++.so.6 の動的なセクションのオブジェクトから DT_VERSYM のエントリを削除して、ランタイムのリンカーのチェックを無効にすることです。

これを行うには、次のコマンドを実行します。

% elfedit -e 'dyn:delete versym' libstdc++.so.6 libstdc++.so.6-alt

追加情報

この解像度はフィールド内で正常に使用され、Oracle サポートフォーラムの投稿から描画されました。ここで元のフォーラム掲載をここで参照できます。https://forums.oracle.com/forums/thread.jspa?threadID=2294952

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー