アドビはコンテンツ分析、パターン認識などの機械学習技術を使用して、製品およびサービスを改善します。例えば、Photoshop の コンテンツに応じた塗りや Lightroom の顔認識などの機能は、機械学習を使用して強化できました。

アドビが製品やサービスを向上させるためにお客様のファイルを分析することを希望されない場合、アドビアカウント管理ページからいつでも機械学習を無効にできます。

機械学習とは

機械学習は、毎日使用される多くのアプリやサービスで使用されています。これは単に、コンピューターがデータを分析し、学習した内容に基づいて予測や提案を行う方法を示す用語にすぎません。

機械学習の一般的な例として、電子メールアプリケーションは、特定の送信者から送信されたすべてのメッセージを自動的に迷惑メールフォルダーに移動することができます。コンピューターは、電子メールに含まれるデータを分析し、検出されたパターンから、特定の送信者またはドメインから送信されたメッセージが迷惑メールである可能性を予測します。その予測に基づいてアクションを実行し、メッセージを受信トレイから移動します。

メッセージに「迷惑メール」としてタグを付けると、コンピューターはそのことを学習し、自動的に迷惑メールにフラグを立てる精度が上がります。時間が経つにつれて、コンピューターはより多くのデータを処理できるようになり、特定のタスクの処理が得意になります。経験を通じて改善するこのプロセスが機械学習です。

機械学習のメリットについて教えてください。

機械学習では、使用するプログラムとデバイスが、時間の経過とともにパーソナライズされたサービスを提供する点で改善されていきます。例えば、音声認識ソフトウェアを使用すればするほど、ソフトウェアがユーザーの声をよりよく認識し、効果が上がるようになります。

アドビでは、機械学習を使用してユーザーが作業の効率と独創性を高めることができるようにしています。例えば、機械学習を使用して画像の整理や編集を行うことができます。Lightroom でオブジェクト認識を使用すると、犬のすべての写真に自動的にタグを付けることができます。Photoshop では、機械学習は暗すぎる画像を特定し、明るさを自動的に調整するのに役立ちます。

また、機械学習を使用してコンテンツに応じた提案をおこなうこともできます。例えば、UI モックアップで作業している場合、Photoshop は自動的にストックボタンアイコンを提案することがあります。この種類のコンテンツに応じた提案は、Photoshop がインターネット上で入手できる汎用的なデータではなくユーザーのデータから学習すると、ユーザーの作業により関連したものになります。

アドビが参照するデータとその使用方法を教えてください。

コンピューターは、ユーザーがクラウドサービスを使用してファイルを送信、受信、保存するときにコンテンツを分析することがあります。コンピューターのローカルに保存されているファイルにはアクセスしません。ファイルのデータ、アクティビティログ、お客様から直接いただいたフィードバックを利用して、アルゴリズムのトレーニングと改善をおこないます。

例えば、写真でパターン認識を使用すると、犬のすべての画像を識別し、自動的にタグ付けすることができます。これらの写真のいずれかを選択して、犬が含まれないと指示した場合、その情報を使用することで犬の画像の識別精度が向上します。

アドビでは、すべてのアドビユーザーから学習する内容を活用して、アドビの製品とサービスをすべての人のために改善いたします。例えば、あるユーザーがビーチの写真を彩度が高く鮮やかに見えるように編集し、別のユーザーが結婚式の写真を編集してソフトフォーカスと柔らかい光を表現した場合、アドビのプログラムはその違いを学習します。その後、3 人目のユーザーがビーチや結婚式の写真を編集するとき、最初の 2 人のユーザーから学習した内容に基づいて、適切なスタイルの提案を与えることができます。

ユーザーに関連付けられている情報の活用方法については、アドビプライバシーセンターで概要を確認できます。

Adobe は機械学習のコンテンツにどのようにアクセスしますか?

コンピューターは、ユーザーがクラウドサービスを使用してファイルを送信、受信、保存するときにコンテンツを分析することがあります。コンピューターのローカルに保存されているファイルにはアクセスしません。 

プライバシーをどうやって保護しますか?

アドビはお客様のプライバシーを真剣に受け止めています。機械学習によって得られた情報が、コンテンツや個人情報の再作成に使用されることはありません。

ユーザーに関連付けられている情報の活用方法については、アドビプライバシーセンターで概要を確認できます。

機械学習をオフに(オプトアウト)することはできますか?

アドビがアクションや提案をおこなうためにお客様のファイルを分析することを希望されない場合、いつでも機械学習を無効にできます。

  1. アドビアカウントにオンラインでアクセスし、Adobe ID とパスワードを使用してログインします。

    注意:

    Adobe ID とは、Adobe メンバーシップ、アプリケーション、またはサービスを最初に購入したときに使用したメールアドレスです。

  2. 上部のナビゲーションバーで、「プロフィール」タブをクリックします。

  3. 左のパネルで「プライバシー」をクリックします。

  4. 機械学習」セクションで、「はい、アドビが機械学習技術を使用してコンテンツを解析できるようにします」チェックボックスをオフにします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー