この技術的実装ガイドでは、実装担当者が Adobe Target と Adobe Campaign の統合時に従う必要のある、参照アーキテクチャ、ガイドライン、設定手順、テストについての情報を提供します。

この技術的実装ガイドは、アドビコンサルタント、アドビパートナー、その他の経験を積んだ実装担当者向けの資料です。この統合を構成するには、このガイドで説明されている各ソリューションの実装プロセスを十分に理解する必要があります。

アドビのお客様は、アドビプロフェッショナルサービスまたはアドビパートナーに連絡し、この統合についての詳細情報を入手することができます。

統合オプション

利点と制限

オプション 1:Adobe Campaign と Target の統合

オプション 2:rawbox を使用して Target Recommendations から得られる Adobe Campaign 電子メールでのオファー

Target は次のデータを追跡できます。

  • ユーザーエージェント
  • IP アドレス
  • 地理的な場所
  • Target で訪問者の ID に関連付けられたセグメント(法的な承認が必要)
  • Campaign Datamart からのデータ

以下のような制限があります。

  • 使用できるのは画像のみなので、コンテンツはパーソナライズできません。
  • 追跡は、Adobe Campaign と統合されません。
  • 統一されたユーザーエクスペリエンスはありません。
  • 統合のいくつかの部分を設定するために、Target と Campaign の両方を使用する必要があります。
    • Target の rawbox およびエクスペリエンス
    • Campaign の配信

ソリューションの計画と統合アーキテクチャ

前提条件(ライセンス、接続、初期化)

Adobe Campaign と Adobe Target の統合をおこなうには、次のものが必要です。

  • Adobe Marketing Cloud テナントと Adobe Target テナント
  • Adobe Campaign との接続を確立するために指定された Adobe Target rawbox

実装アーキテクチャ

オプション 1:Adobe Campaign と Target の統合

#

目標

以下を含むキャンペーンの作成

キャンペーンの調整

1 画像のクリック数に応じて画像を最適化

adbox とリダイレクトオファー

Web サイトで Target コードは不要

-
2

画像を最適化し、画像のクリックによるサイトへの移動(コンバージョンなど)を追跡

ビュースルーおよびクリックスルーとコンバージョンを追跡

  • adbox といくつかの画像リダイレクトオファー(acRawbox 用)
  • 同じリダイレクター URL(acRawbox_click)

Web サイトで Target コードが必要

  • href adbox 呼び出しタイプを ubox/raw? からubox/page? に変更
  • オプション:href デフォルト画像 URL を画像からページの URL に変更

 

3

ランディングページを最適化し、表示先を変更

最もコンバージョン率の高いランディングページを特定

  • adbox と画像リダイレクトオファー(acRawbox 用)またはデフォルト画像
  • 異なるリダイレクター URL(acRawbox_click)

 Web サイトで Target コードが必要

  • href adbox 呼び出しタイプを ubox/raw? からubox/page? に変更
  • オプション:href デフォルト画像 URL を画像からページの URL に変更

 

4 画像を最適化し、画像のクリックを追跡し、Web ページで同じエクスペリエンスを維持
  • adbox といくつかの画像リダイレクトオファー(acRawbox 用)
  • 異なるリダイレクター URL(acRawbox_click)

Web サイトで Target コードが必要

  • href adbox 呼び出しタイプを ubox/raw? からubox/page? に変更
  • オプション:href デフォルト画像 URL を画像からページの URL に変更

目的に応じて統合を調整します。

<a href='https://adobeinternalags133.tt.omtrdc.net/m2/adobeinternalags133/ubox/page?mboxXDomain=disabled&mboxXDomainCheck=true&mboxSession=<%= (document.mode == "preview")? Math.random() * 10000: message.id%>&mboxPC=<%= (document.mode == "preview")? Math.random() * 10000 : message.id%><%= (document.mode == "preview" || delivery.FCP) ? "&mboxHost=Preview": "" %>&gender=<%= recipient.gender%>&mbox=acRawbox_click&mboxDefault=mysite.com' target="_blank">
 
    <IMG style="BORDER-TOP: medium none; BORDER-RIGHT: medium none; BORDER-BOTTOM: medium none; BORDER-LEFT: medium none" alt="Dynamic Image" src='https://adobeinternalags133.tt.omtrdc.net/m2/adobeinternalags133/ubox/raw?mboxXDomain=disabled&amp;mboxXDomainCheck=true&amp;mboxSession=<%= (document.mode == "preview")? Math.random() * 10000: message.id%>&amp;mboxPC=<%= (document.mode == "preview")? Math.random() * 10000 : message.id%><%= (document.mode == "preview" || delivery.FCP) ? "&amp;mboxHost=Preview": "" %>&amp;gender=<%= recipient.gender%>&amp;mbox=acRawbox&amp;mboxDefault=mysite.com%2Flogo.gif' />
    </a>
1
2

インストール、プロビジョニング、設定

セットアップとプロビジョニング

Adobe Campaign の設定

  1. 注意:Adobe Campaign を使用するにはインターネット接続が必要です。
  2. Adobe Campaign ヘルプセクションの指示に従います。
  3. 管理プラットフォームオプションで、Adobe Campaign と Target の統合を設定します。
  4. TNT_EdgeServer の値はデフォルトで正しく設定されているので変更しないでください。
  5. TNT_TenantName のみを Target クライアントコードに設定します。
3
4

   6.  クライアントコードは Adobe Target Classic の設定/編集で確認できます。

5

注意:

TNT_TenantName を追加するまで、「Adobe Target による動的イメージサーバー」メニューは利用できません。

6

タイムアウト発生時またはサーバーが使用できない場合のデフォルト画像と、rawbox 名を設定します。オプションでパラメーターを渡してターゲティングに利用したり、Scene7 URL でパラメーターを渡したりすることができます。

7

Campaign-Target OOB で生成されたコード

8

Target Classic の設定

Campaign A/B..N キャンペーンタイプの作成

9

指定の画像を用いるリダイレクトオファーの作成

10

エクスペリエンスへのオファーの追加

adbox_click の「リダイレクト先」が表示されるのは、href adbox 呼び出しタイプが ubox/raw? から ubox/page? に変更されている場合だけです。

リンクのクリックにより、指定の URL にリダイレクトされると、リダイレクターで mboxSession が設定されます。

ケース 1:コンバージョンを介して画像を最適化する - エクスペリエンスはすべて、acRawbox_click の同じ URL にリダイレクト

11

ケース 2:画像を最適化し、同じエクスペリエンスを維持する - エクスペリエンスごとに、acRawbox_click の異なる URL にリダイレクト

12

コンバージョンの設定

コンバージョンは、acRawbox_click、ランディングページ、コンバージョンページを表示するよう設定されます。

13

mbox ホスト

mboxHost=Preview は、校正とプレビューの送信に関して設定されます。この設定は、実稼動環境をレポート用のステージング環境や開発環境から切り離すためのものです。この設定を Target の設定/ホストで確認し、プレビュー適切なホストグループに移動します。

14

mbox/adbox タイプの確認

ロケーション/リストで確認します。

15

Target Standard の設定

フォームベースのコンポーザーを使用して、Target Standard テストを作成します。

 Campaign A/B..N キャンペーンタイプの作成

16

指定の画像を用いるリダイレクトオファーの作成

「コンテンツ」での画像のリダイレクトオファーの作成

17

ランディングページにリダイレクトするオファーを作成します。Target Standard のフォームコンポーザーでは、直接 URL を入力することができないので、リダイレクトオファーにラップして、mbox セッション ID を渡す必要があります。

18

エクスペリエンスへのオファーの追加

ケース 1:コンバージョンを介して画像を最適化する - エクスペリエンスはすべて、acRawbox_click の同じ URL にリダイレクト

19

ケース 2:画像を最適化し、同じエクスペリエンスを維持する - エクスペリエンスごとに、acRawbox_click の異なる URL にリダイレクト

20
21

コンバージョンの設定

コンバージョンは、acRawbox_click、ランディングページ、コンバージョンページを表示するよう設定されます。

22

mbox ホスト

mboxHost=Preview は、校正とプレビューの送信に関して設定されます。この設定は、実稼動環境をレポート用のステージング環境や開発環境から切り離すためのものです。この設定をセットアップ/ホストで確認し、プレビュー適切なホストグループに移動します。

23
mbox MY_EMAIL_NAME

adbox_name

adbox_name_click

adbox の名前。「ad」または「raw」で始め、電子メール名を組み合わせて、ページの mbox と論理的に区別します。

adbox_name_click は自動的に生成されます。
mboxPC UNIQUE_ID_PER_EMAIL 12345

訪問者を識別します。受信者および電子メールごとに一意のメッセージ ID を使用して生成されます。

画像のみに必要であり、画像またはリンクのクリックの mboxPC は、渡された mboxSession に基づいて取得されます。

注意:mboxHost が preview である場合、ID はタイムスタンプになります。
mboxSession UNIQUE_ID_PER_EMAIL 12345

30 分間有効なセッションを識別します。受信者および電子メールごとに一意の mboxSession と同じメッセージ ID を使用して生成されます。

画像とリンクのクリックに必要です。

注意:mboxHost が preview である場合、ID はタイムスタンプになります。
mboxXDomain disabled disabled サードパーティ Cookie の設定を試みません。
mboxXDomainCheck true true  
mboxDefault DEFAULT_URL
DEFAULT_IMAGE_URL
http://yoursite.com

注意:adbox の使用時にタイムアウトはありません。

adbox に対する Target Campaign ターゲティングの場所がない場合は、デフォルトのコンテンツが表示されます。

クリックに対するデフォルト URL の変更を検討してください。変更しない場合は、adbox_click がターゲティングされていない場合に、デフォルト画像に移動します。

mboxHost MBOX_HOST Preview

Target の実稼動環境を開発レポート環境から分離します。

Adobe Campaign でプレビューをおこない校正を送信する場合にのみ設定し、それ以外は設定しません。

Target の設定/ホストで設定し、適切なホストグループに移動します。

mboxPC と mboxSession の UNIQUE_ID_PER_EMAIL の生成

以下を参照してください。
方法:Rawbox#GeneratemboxPCandmboxSessionUNIQUE_ID_PER_EMAIL を使用して Target Recommendations から得られる Adobe Campaign 電子メールでのオファー

URL の例:
https://adobeinternalags133.tt.omtrdc.net/m2/adobeinternalags133/ubox/raw?mbox=acRawbox&mboxDefault=http://switzerland.isyours.com/images/img.346.1.jpg&mboxPC=12345&mboxSession=9876

コンバージョンの追跡

  1. 電子メール内の画像をクリックします:http://XXXX.com/jjesquire/list.html?mboxSession=79002&mboxPC=79002
  2. ランディングページ:最初の Target への呼び出し時に、mboxSession と mboxPC が設定されます。
24

     3.  注文確認に移動しても、mboxSession と mboxPC の値は同じままです。訪問者は一連の行動を通して識別されます。

25

レポート機能

集計レポート

26

成功指標レポート - コンバージョンステップの追跡

27

Scene7 による Target リダイレクトオファー内の画像のパーソナライズ

Scene7 画像の例:http://s7g3.scene7.com/is/image/AdobeDACHSC/kfzschild?$schildtext=$

Scene7 にパラメーターを追加:http://s7g3.scene7.com/is/image/AdobeDACHSC/kfzschild?$schildtext=$munich

リダイレクトオファーに、Scene7 URL を追加し、Target で利用できるパラメーター user.currentCountry を ${user.currentCountry} という構文で追加します。

28

懸念や質問(Recommendations の統合)

Q:電子メールに Recommendations を統合する方法を説明したドキュメントはありますか?

A:Recommendations と電子メールの統合

次の手順で Adobe Campaign を設定します。

  1. Integration with the Adobe Marketing Cloud(Adobe Marketing Cloud との統合)標準パッケージをインストールします。統合パッケージのインストール方法は、「パッケージのインポート」セクションに記載されている標準パッケージのインストール方法と同じです。これにより、Digital Asset Manager を介して共有アセットにアクセスできるようになります。
  2. IMS(Adobe ID 接続サービス)を介した接続を有効にし、Adobe Marketing Cloud 経由で共有された画像を電子メールで使用できるようにします。IMS についてのセクションを参照してください。
  3. 管理プラットフォームオプションで、Adobe Target 用のサーバーとテナントオプションを設定します。
    • TNT_EdgeServer:統合に用いられる Adobe Target サーバー。このオプションはデフォルトで選択されています。この値は Adobe Target ドメインサーバーに対応し、後に /m2 という値が付きます。例:tt.omtrdc.net/m2
    • TNT_TenantName:Adobe Target テナント名。この値は Adobe Target クライアントの名前に対応します。
33

オプション 2:rawbox を使用して Target Recommendations から得られる Adobe Campaign 電子メールでのオファー

ダウンロード専用テンプレートの使用

以下を実行する Adobe Campaign ワークフローを作成します。

  • 特定キャンペーン用の Recs に対する API 呼び出しの実行
  • 推奨される製品と製品 ID に関する CSV ファイルの取得
  • 製品 ID と製品情報(名前、説明、価格など)の連結
  • 製品データと各アイテム独自のルックアンドフィールの連結

電子メールにデータを追加します。

  • 注意:Recs への呼び出しはファイルのダウンロードにつき 1 回実行されるので、訪問者の下で直接のパフォーマンス追跡はおこなわれません。
  • Recs サーバーは Recs のパフォーマンスを追跡したり、アルゴリズム/テンプレートの組み合わせ全体でトラフィックを分割したりすることはできません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー