Adobe Media Encoder の既知の問題

この文書では、Adobe Media Encoder の既知の問題の一覧について説明します。

2022年6月リリース(バージョン 22.5)

  • Media Encoder が、キューを一時停止した後にこのアプリケーションを終了しようとするとハングします。
  • Media Encoder が、キューを一時停止した後で停止しようとするとハングします。
  • Media Encoder から Facebook にビデオを直接公開できません。Facebook へのログインが失敗することがあります。ログインが成功した場合でも、アップロードが Facebook に拒否されます。回避策として、メディアをローカルコンピューターに書き出してから、Facebook の web サイト経由でアップロードします。

2022年4月リリース(バージョン 22.3.1)

レンダリングの問題

M1 Pro、m1 Max、M1 Ultra システムの Premiere Pro または Media Encoder では、ProRes 4444 および ProRes 4444XQ コーデックのバリエーションをアルファチャンネルでレンダリングすると、次のエラーが発生することがあります。

Adobe Media Encoder でのムービーのコンパイルエラー
Adobe Media Encoder でのムービーのコンパイルエラー

この問題を一時的に回避するには、メディア環境設定ダイアログ(環境設定メディア)を使用して ProRes ハードウェアエンコードを無効にします。

  1. ProRes ハードウェアアクセラレーションエンコーディングを有効にする(利用可能な場合)」オプションの選択を解除します。デフォルトでは、オンになっています。
  2. OK」を選択し、レンダリングを再試行します。
環境設定ダイアログボックス
環境設定ダイアログボックス

Adobe Stock と Adobe Media Encoder

Adobe Stock を宛先に使用できなくなりました。 この問題を回避するには、Adobe Stock web サイトにビデオを直接アップロードします。 詳しくは、コンテンツのアップロードを参照してください。

2021年12月リリース(バージョン 22.1.1)

Premiere Pro または Media Encoder で、M1 ベースの Mac のメモリ不足エラーが発生している場合は、アドビアプリケーションに割り当てられているメモリの量を調整すると、エラーの発生を減らしたり、解消したりすることができます。オペレーティングシステムで使用するメモリの量を増やして、アドビとその他のアプリケーションまたは OS とのバランスを 50% にすることもできます。

この問題を回避するには、以下を実行します。

メモリの環境設定ダイアログ(環境設定メモリ)のメモリ割り当て領域には、アドビとその他のアプリケーションで使用できる RAM の容量が表示されます。

  1. 他のアプリケーション用に一覧表示されている値を変更し、インストールされている RAM の合計の 50% を表すようにします。
  2. アドビアプリケーションを再起動して、新しいメモリ割り当てを有効にします。
メモリの割り当て
メモリの割り当て

2021 年 7 月(バージョン 15.4)リリース

  • 問題:メディアコンテンツの Adobe Stock への公開がエラーメッセージで失敗する。
    回避策:SFTP 経由でメディアコンテンツを手動で Adobe Stock サーバーにアップロードします。詳しくは、Adobe Stock にコンテンツをアップロードを参照してください。 

2021 年 5 月(バージョン 15.2)リリース

  • 問題:メディアブラウザーから Adobe Media Encoder のキューに追加する場合、チームプロジェクトシーケンスの Stock オーディオアセットがオフラインになる
    回避策:Adobe Media Encoder のメディアブラウザーからチームプロジェクトを読み込むのではなく、Premiere Pro から Adobe Media Encoder のシーケンスをキューに入れます。

2021年3月(バージョン 15.0)リリース

  • 問題:キャプションが埋め込まれたメディアファイルに対して、キャプションの書き出しオプションが見つかりません
    回避策:キャプションが埋め込まれたメディアファイルを Premiere Pro 内のシーケンスに配置し、シーケンスを Media Encoder にキューします。キャプションの書き出しオプションは、Premiere シーケンスで使用できます。
アドビのロゴ

アカウントにログイン