注意:

この記事は、Nivedan Kumar、アソシエイトコンサルタント - Adobe Advertising Cloud で作成されました。

バルクシートは、特定の形式のキャンペーンデータを含むファイルで、新規または既存のキャンペーン構造データを素早く作成したり、既存のキャンペーン構造データと ads を変更したりするために使用できます。

Bulksheet の作成

1.「ソーシャル」タブをクリックします。サブメニューで、「Bulksheets」をクリックします。

2

2. ツールバーでダウンロード Bulksheet をクリックします。

1

3. バルクシート設定の指定: 選択タブでフィールドの情報を入力または選択します。

4

4.(オプション)「フィルター」タブで、特定の広告条件を、バルクシートに含めることを示す。: パラメーター(アカウント、キャンペーン、広告グループ名もしくは ID、または広告のいずれかの要素)を選択し、オペレーターを選択後、適切な値を入力します。

3

5. 「ダウンロード」をクリック

タスクが開始すると、「Bulksheets」タブにファイルが表示されます。ファイルが作成されると、ファイルへのリンクを含む電子メール通知が受信されます。それはコンパイルするデータの量によって異なります。

Bulksheet レイアウト

Facebook Bulksheet の例を次に示します。1 つのアドセットと 1 つの広告でキャンペーンがある場合にこの bulksheet を構造化します。手順を単純化するには、次のように Bulksheet 列を広く分類しています。

アドセットプロパティ
P – AA 派生プロパティ
広告のプロパティ AB – CW カルーセル広告プロパティ (複数製品広告詳細)
  DD – DH タグの詳細(ビュータグと URL タグ)
  FM – FV ID
  FW – GB ID に関する広告仕様

Bulksheets を使用して新しいキャンペーンを作成するには、アカウントの名前を一意にする必要があります。

広告、Adset またはキャンペーンの作成に応じて、FS から FV の列から ID を削除する必要があります。列 FP – FR はアクティブまたはポーズの状況を示します。

保存して投稿します。

Bulksheet 例:3 つの各広告を使用した 2 つの広告セットの作成

作成した広告は、3 つの Ads を持つ広告セットの中から始まります。

列 D の広告セットの名前を変更します。広告、Adset またはキャンペーンの作成では、ID が FT から FV までの列が削除される必要があります。列 FP – FR がステータスを表示し、アクティブまたは一時停止している必要があります。

1

L3 キャンペーン ID はキャンペーン ID を表示したときにそのまま残ります。bulksheet の列 2-5 をコピーしてアドセットまたは広告を作成します。例としては、2つのアドセットと3つの広告を作成しています。行 6-9 の下の行 2-5 をコピー&ペーストします。

bulksheet を保存しアップロードします。これにより、同じキャンペーンに対して 3 つの Ads を持つ 2 つの新しい Adsets が作成されます。

広告コピーの変更

広告のプロパティを変更すると、Power Editor で新しい投稿が作成されます。ここで最初に、「リンクオブジェクト ID – 列 FO」を削除します。

広告のプロパティの変更

  • 本文テキストの変更は、列 Q- Message(列 P も同じテキストが含まれているが、そのまま残る)を変更することで実行できます。
  • 画像を変更するには画像のプロパティが必要で、システムでアップロードする必要があります。
  • URL の変更 – 列 T(ベース URL)で URL を編集する必要があります。
  • bulksheet で存在するものと同じ形式の URL を変更する必要があります。
  • ヘッドライン、ディスプレイリンク、説明および呼び出しはそれぞれ、それぞれの列 W, X, Y および Z で編集する必要があります。

トラッカー

アカウントに対して宛先 URL が生成される方法です。

EF Redirects は、Adobe Advertising Cloud Social を介してすべてのビルドでデフォルトで生成されます。

agency 管理者、メディア最適化アカウントマネージャ、および管理者はこの値をデフォルトから変更できます。      

ビュータグおよび URL タグは、Bulksheet の広告ごとに生成されます。VT タグはカスタム訪問者のターゲット用に生成されません。    

Pre-Sync : 指定されたキャンペーンとファイルを同期するようにメディア特性に指示し、すべてのデータが同じであることを確認します。この機能は、タグが見つからない場合に、ビルドの完了後にタグを生成するために使用できます。bulksheet の機能をチェックして bulksheet をダウンロードし、bulksheet に何も変更せずに再度アップロードする必要があります。

トラッキングタグの生成に Presync を使用する例:

ニュースフィードとして選択した配置で作成されたキャンペーン

1

カスタム訪問者用に作成された広告セットですが、Power Editor では後で割り当てられます。

Bulksheets による目標の変更

目標は、Bulksheets を使って作成された新規キャンペーンに対してのみ設定でき、ビルドの後は変更できません。

列 L を更新する必要があります – 要件に応じてオブジェクトを変更し、新しいキャンペーン、Adsets および広告として行にすべての FV - FS から ID を削除する L3 キャンペーンの目標が作成されます。

以下に示すすべての目的は、bulksheet、Column FY- の最適化目標を変更する必要がある場合です。

 

L3キャンペーンの目標 最適化目標 促進されたオブジェクト
WEBSITE_CONVERSIONS 必須 必須
WEBSITE_CLICKS 必須 NA
MOBILE_APP_INSTALLS 必須 NA
POST_ENGAGEMENT 必須 NA
VIDEO_VIEWS 必須 NA
PAGE_LIKES 必須 NA
LEAD_GENERATION 必須 NA
1

目標ウェブサイトのコンバージョンについて、次の形式のピクセルを割り当て、その他の場合は、このフィールドは空白の必要があります {“pixel_id”: “6027919878144”} (促進されたオブジェクト列 – GI)。

注意:

Adobe Advertising Cloud のヘルプが必要ですか?コミュニティで質問

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー