注意:

この記事は、アドビシステムズ社の Rahul Bhatia、Advertising Cloud コンサルタントが作成および提供しました。

注意:

Adobe Advertising Cloud でヘルプが必要ですか。コミュニティに参加!

セグメントレポートとは、ページから得られる個別オーディエンスの総数、または特定のセグメントピクセルが配置されている特性を見つけるために使われるレポートです。これらのセグメントは通常、ディスプレイおよび social campaigns のオーディエンスを再度ターゲットにするために使用されます。

セグメントレポートはレポート/カスタムレポート/セグメントレポートで見つけることができます。

デフォルトまたは RAW セグメントレポートをダウンロードした後は、以下の情報が得られます。

セグメント ID:特定のセグメントの固有の識別または統合 DMP からのサードパーティオーディエンス

報告されたユーザー ID:Advertising Cloud アカウントのクライアント ID または DMP ID

セグメント名: 統合化された DMP で利用可能な Advertising Cloud やサードパーティーの音声で作成された再ターゲット化セグメントの名前レポートには、200以上のデータプロバイダーから、インテント/B2B/過去の購入/地域/デモ/興味/ライフスタイル/ブランドで適格な人口統計データなど、30,000種類を超えるデータ属性を持つサードパーディーの音声データも顧客に提供します。

最も効率がよい方法として Advertising Cloud のセグメント作成の「含める」および「除外」機能を使用して独自のセグメントを作成できます。

1

セグメントのパス:これはサブセグメントが適用されるサードパーティのデータにのみ適用されます。

CPM:これはまた、使用可能な最高の CPM 料金を選択できるサードパーティのデータにも適用されます。

合計セグメントの読み込み:特定のセグメントで使用できる合計オーディエンス/ユーザーデータです。

合計個別訪問者数:特定のセグメントでの特定の日付範囲内の個別訪問者。

例えば、こうした種類のレポートを毎週作成して何か相違がないかチェックすることによって、私たちの再ターゲットファーストパーティオーディエンスのデータをすべて分析することができます。

1

セグメントレポートでは、Advertising Cloud を介して現在ターゲットになっている表示先の訪問者を中心に、より統一されたビューとより鮮明な顧客ビューが表示されます。Advertising Cloud でセグメントレポートを使用する利点は次のとおりです:

  • ファーストパーティ、第 2 部、第 3 部のデータソースを含むディスプレイキャンペーンをターゲットにした有効なオーディエンスの 360 度の視点を得ること。
  • どの組織のガバナンスポリシーの大規模なデータでも組み合わせて補完すること。
  • オーディエンスをターゲットにするために、行動、嗜好、価値、他の個人的な基準を使用して買い物をしていること。
  • 広告予算を最大限に活用するためにディスプレイキャンペーン内でよりよい広告戦略を計画し作成すること。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー