モバイルデバイスで撮った写真を、Capture CCを使ってシェイプ、文字、カラーテーマ、3Dマテリアル、パターン、ブラシに変換して、自分独自のデザインアセットを作成しましょう。
ひらめきをキャプチャ

まずはモバイルデバイスで写真を撮影するか、ギャラリーまたはカメラロールの写真を使用するか、あるいはAdobe Creative CloudやAdobe Stock、Creative Cloudマーケットの画像にアクセスします。次に、Capture CCの直観的なコントロールを使って、写真をCreative Cloudのデスクトップおよびモバイルアプリで使用できるアセットに変換します。


Captureで作成したアセットを使用できるデスクトップアプリとモバイルアプリの一覧は、こちらを参照してください。

注意:このチュートリアルでは、Capture CCをiPhone Xで使用しています。一部の機能とユーザーインターフェイスは、iPad、iPad Pro、iPhone、Androidの各デバイスで異なります。

画像をベクターシェイプに変換する

画像をベクターグラフィックに変換してみましょう。 


「シェイプ」をタップし、「+」アイコンをタップします。スライダーを使用して、コントラストとキャプチャするディテールの度合いを調整します。反転アイコンをタップすると、画像の白黒を逆にできます。

ヒント:自動クリーンアップをタップすると、不要なディテールが自動的に取り除かれます。画面をタップして画像を静止させると、シェイプの輪郭を容易に編集できます。再度タップすると、静止を解除できます。


シャッターをタップした後、指を使って要素を追加または除去したり、画像を切り抜いたり、自動スムージングを実行したりしてシェイプを調整します。「保存」をタップし、名前を指定してCreative Cloudライブラリに保存します。

ベクターシェイプの作り方をより詳しく学習するには、スマホで作ったベクターシェイプをPhotoshopで使用するおよびIllustrator用にシェイプをキャプチャするを参照してください。

capture-grab-colors-themes-shapes_step1

周りにある文字をプロジェクトで活用する

自分のプロジェクトにぴったりのフォントを見つけるには、まず身の回りにある文字の写真を撮ることから始めます。

「文字」をタップします。文字を線の上に合わせてシャッターをタップして、文字をキャプチャします。切り抜きハンドルを使って文字の部分のみを選択してから、シャッターをタップします。次に、Typekitの膨大なフォントコレクションの中から類似したフォントを選択し、キャプチャした文字を文字スタイルとしてCCライブラリに保存すると、すべての制作プロジェクトで使用することができます。

capture-grab-colors-themes-shapes_step2

カスタムカラーパレットを作成する

写真の中から色を選んでプロジェクトで使用することができます。

「カラー」、「+」アイコンの順にタップしてから写真を撮影するか、カメラロール、Adobe Stock、またはCreative Cloudの画像を選択します。丸いカラーセレクターを移動してカラーパレットをカスタマイズし、シャッターをタップしてカラーをキャプチャします。最新のリリースでは、スライダーとカラーホイールを使って色をさらに編集して、独自のカラーパレットを作成できるようになりました。「画像」をタップすると、元の写真に戻って異なるパラーパレットをキャプチャできます。終了したら、作成した色をカラーテーマとしてCCライブラリに保存します。

capture-grab-colors-themes-shapes_step3

3Dテクスチャを収集する

面白みのあるテクスチャをキャプチャして独自の高品質な3D(PBR)マテリアルを作成し、Adobe Dimensionで使用しましょう。


まずは「マテリアル」をタップし、「+」アイコンをタップします。ズームしてサンプルの範囲を選択し、シャッターをタップしてキャプチャします。次に、キャプチャしたマテリアルのプロパティをスライダーを使って調整し、切り抜いて不要な部分を取り除きます。「保存」をタップし、名前を指定してCCライブラリに保存します。これで、対応するアプリで3Dマテリアルとして使用できます。

capture-grab-colors-themes-shapes_step4

いろいろなパターンを作成してみる

写真や、カメラロール、Adobe Stock、またはCreative Cloudの画像から、万華鏡のように複雑なパターンを作成できます。


「パターン」をタップし、「+」アイコンをタップします。好みのパターンスタイルを選択し、シャッターをタップして画像をキャプチャします。次に、画像サンプルを編集したり、角度を変更したりして、パターンを調整します。「保存」をタップし、名前を指定してCCライブラリに保存します。

capture-grab-colors-themes-shapes_step5

カスタムブラシを作成する

画像の一部からブラシを作成してみましょう。


「ブラシ」をタップし、「+」アイコンをタップします。カメラで画像をキャプチャするか、保存されている画像を使用します。切り抜きハンドルを使ってサンプルとして使用する部分を選択し、ブラシを使用するアプリに対応するブラシのスタイルを選択します。次に「プリセット」をタップして、サイズ、角度、間隔といったブラシの詳細を調整します。終了したら、「保存」をタップして作成したブラシをCCライブラリに追加します。

capture-grab-colors-themes-shapes_step6

いろいろなデザイン要素をモバイルデバイスでキャプチャして、自分のクリエイティブプロジェクトで活用してみましょう。次のチュートリアルもぜひご覧ください。


スケッチからポスターを作成

手描きのスケッチからアニメーションを作成 

Adobe Capture CCとIllustrator CCで応援カードを作成 

 

04/09/2018
このページは役に立ちましたか。